防犯カメラのことなら監視カメラ、防犯カメラの専門店アルコム。日本最大級の品揃え!アルコムは公益社団法人日本防犯設備協会正会員です。
監視、防犯カメラ トップページアルコムスタッフ防犯ブログレコーダーとモニターの接続について
防犯のプロがお届けする、安心のセキュリティコラム

レコーダーとモニターの接続について2017年3月7日

防犯カメラを設置する際、カメラ映像を見るためにモニターに画面を映します。
昔はブラウン管のモニターが多く、接続も簡単だったのですが、現在は接続方法が
何個もあり、レコーダーとモニターの機種や設置したカメラの画質などで変わってきます。
以下、代表的なものになります。

・RCA
RCAという端子で接続します。一般的な呼び方だと「ピン端子」「ビデオ端子」とも
呼びます。
テレビにあるビデオ入力の赤白黄をイメージして頂くと分かりやすいかと思います。
この方法だとモニターに映る画像は荒いです。
・VGA
VGAという端子で接続します。少し前のPCモニターに多く使われており、「D-SUB」と
呼ぶことも多いかと思います。
この方法であればそこそこ良い画質で映す事ができます。
・HDMI
HDMIという端子で接続します。現在の家電で最も主流な映像端子です。
テレビやPCモニターの入力、DVDやブルーレイの出力、PCとモニターの接続などに
主に使われています。
最も良い画質で映す事ができます

防犯カメラ業界サポートNo.1 些細なことでもお気軽にお問い合わせください!




防犯カメラ・監視カメラ通販専門店アルコム
無料お見積り・ご提案。まずはお電話ください。0120-7970-83 受付時間:平日9:00〜18:00