防犯カメラのことなら監視カメラ、防犯カメラの専門店アルコム。日本最大級の品揃え!アルコムは公益社団法人日本防犯設備協会正会員です。

監視、防犯カメラ トップページアルコムスタッフ防犯ブログ
防犯のプロがお届けする、安心のセキュリティコラム

特殊詐欺への対策2017年2月23日

防犯カメラの普及等により、日本の犯罪件数は
毎年減少し、昨年度は戦後最も少ない発生件数となりました。

防犯カメラが犯罪の撲滅に役立っている事が
数値でも表れており嬉しく思う反面、
防犯カメラでは見守ることができない、
「特殊詐欺」と言われる犯罪件数は年々増加しています。

特殊詐欺とは、振り込め詐欺に類似する詐欺の総称で、
オレオレ詐欺や架空請求詐欺、還付金詐欺などが挙げられます。
年々手口が巧妙になっており、
「私は大丈夫」「自分には関係がない」と他人事で考えていると危険です。

■特殊詐欺対策 3つのポイント
1.「知らない人にお金を渡さない」
当たり前と思いがちですが、詐欺師の話を信用し気が動転していると
冷静な判断が出来なくなる事が多いようです

2.「第三者に相談する」
お金が絡む話は、一人で判断する前に
必ず家族や消費生活センター、警察に相談するようにしましょう

3.「地域で特殊詐欺対策に取り組む」
銀行では特殊詐欺対策として、大金を引き出すお年寄りがいれば
原則警察へ通報するなどの対策が取られています。
周りに被害に遭いそうになっているお年寄りはいないか、
気づき、地域でお年寄りを守る環境づくりが求められています。

投稿 防犯カメラ ブログ |



防犯カメラの映像公開について2017年2月16日

寒い日が続き、福岡ではインフルエンザが流行しています。
ブログをご覧の皆さまも、まだまだ気温の低い日々は続きますのでどうかお体ご自愛下さい。

数年前、万引き被害を受けた店舗が防犯カメラに映った
犯人と思われる人物の映像をホームページ上で公開した事件がありました。
その際は警察の要請もあり公開を中止したようです。

最近、眼鏡店で同様の事案が発生し、再度議論されています。
万引きによる店舗の被害の影響は決して小さいものではありませんし、
捜査には時間がかかる場合もあり、被害を受けた店舗のことを考えますと
今後の万引き対策としても自ら行動したい気持ちには同情できます。

しかし、たとえ本当に犯人が防犯カメラに映っていたとしても、
個人で映像を公開することは、捜査に支障が生じたり
名誉棄損にあたる可能性があるなど、少なからずリスクがあるようです。

すでに防犯カメラを設置のお客様、
もし万が一被害に遭われた際や映像を提供される際には
映像のお取り扱いには十分ご注意ください。

投稿 防犯カメラ ブログ |



カメラの盗難2017年2月14日

小型カメラや取り付けが簡易なカメラが増えてきましたが、
もちろんデメリットも多くあります。
これらのカメラは、証拠隠滅をされるリスクも高いというのをご存知でしょうか?

盗みに慣れた犯人は、ある程度防犯に関する知識にも精通しています。
下調べの際に防犯カメラがダミーだけだと見破られてしまえば、
逆に他の防犯も緩いと思われてしまいかねません。

例えば、ダミーカメラも低めの天井に設置すると一見して
ダミーだと見破られてしまいます。
SDカード式のカメラは大変便利ですが、簡単にSDカードを抜き取られてしまったり、
カメラごと持っていかれてしまう可能性が非常に高くなってしまいます。
「一時的に」「どうしても電源がとれない」などといった場合は別ですが、
基本的には有線のカメラを設置することをオススメしています。

投稿 防犯カメラ ブログ |



犯罪が起きる前に設置する防犯カメラ・監視カメラ2017年2月9日

最近ニュースで頻繁に、「カメラの映像から犯人を特定!」と
防犯カメラ・監視カメラを大々的に取り上げているのを見かけます。
偶然だろうと思う方もいるかもしれませんが、
実は本当に防犯カメラが犯罪の現場をおさえることが多くなっています。
その理由はもちろん、防犯カメラを設置する人や自治体が増えているからです。

最近ですと、山梨県警が暴力団の監視や排除の為に設置をしたり、
和歌山県が通学路や住宅街に補助金事業を開始したりしています。
和歌山県の補助金事業は各地の市町村から約100台分の申請もあり、
今年の3月末までに設置される予定です。

カメラによる犯罪率の減少も警察が効果ありと発表をしています。
防犯カメラは犯罪を撮るだけでなく、名前の通り「犯罪を防ぐ」のです。
ぜひ何か起きてしまう前に設置をしませんか?

投稿 防犯カメラ ブログ |



仕事中も犯罪にご注意2017年2月7日

早いもので年が明けてからもう1ヶ月がたちました。

今年のカレンダーをご覧になって気づかれた方もいるかもしれませんが、
2017年は建国記念日、昭和の日、秋分の日、
天皇誕生日の4日間が土曜日と重なっていて、
土日のお仕事が休みの方は4日分休日が少なくなっています。
今週末の11日も建国記念の日で土曜日です。
休日が少ないということは家にいる時間が少なくなってしまうということで
留守中を狙った空き巣被害にも気をつけたいものですね。

現在アルコムで取り扱いのある防犯カメラの大半は
インターネットと接続することで、遠隔監視を行うことができます。
この機能を使用することで、パソコンやスマートフォンを通じて
外出先からリアルタイムの映像を映し出すことができます。
犯罪を未然に防ぐことはもちろん、
仕事場からでも手軽に自宅の様子など確認できるので安心できますね。
一家に一台あっても損はないかと思います。

投稿 防犯カメラ ブログ |

防犯カメラ業界サポートNo.1 些細なことでもお気軽にお問い合わせください!
ページのトップへ




防犯カメラ・監視カメラ通販専門店アルコム
無料お見積り・ご提案。まずはお電話ください。0120-7970-83 受付時間:平日9:00〜18:00