1. 防犯カメラ・監視カメラの専門販売店アルコム トップ
  2. 防犯カメラセット一覧
  3. 防犯カメラモニターセットについて

防犯カメラモニターセットについて

防犯カメラモニターセットについて
ツイッターリンクフェイスブックリンクGoogle+リンクはてなブックマーク

防犯カメラモニターセットの内容

防犯カメラセットは防犯・監視カメラと監視用デジタルレコーダー、配線に必要なケーブル、 アルコムスタッフが制作した取扱説明書の入ったセットです。
また、それ以外にも自分で自由にセットの内容を選ぶことができるカスタマイズセットもあります。こちらには上記のほかにモニターもセットで購入することができます。

購入し設置を行うとすぐにご使用いただけます。
セットなのでどのような設置目的かが明確であればどれが迷わず簡単に導入ができ、さらにセットだけの特別価格の為、お得な購入が可能です。


モニターも選べる防犯カメラ・監視カメラセットはこちら

4chDVRカスタマイズはこちら 8chDVRカスタマイズはこちら16chDVRカスタマイズはこちら


セットを選ぶ際のポイント!

カメラを決める際のポイントは「どこを、どう、なぜ撮影したいか?」が重要です。
「どこに設置すればよいかわからない」「どのカメラを設置すればよいかわからない」といったお客様もご安心ください。
アルコムであれば、お客様のご要望をお電話にてヒアリングすることにより、 カメラや配線ルート等を選定し、的確な設置場所をご提案することも可能です。

カメラを選ぶ場合どれを重視したいですか?
場所場所場所場所
お電話での相談(無料)・お見積もり・ご購入はこちら
お電話




防犯カメラとモニターセットを設置場所で選ぶ場合

屋外・屋内

監視カメラ・防犯カメラには屋内用カメラ(室内用カメラ)と屋外用カメラがあります。

屋内に設置をする場合

屋内用カメラ・室内用カメラは比較的威圧感のないデザインを中心にできています。
室内がメインの為、遠くを撮影する望遠タイプより広く撮影が可能な広角タイプが多く、 音も録音できる集音マイクの追加取付けも可能です。
もちろん屋外用カメラを屋内・室内に設置することも可能です。
調理場などの湿気が多い所などにはそちらをおススメする場合もあります。

さらに、マンションのエントランスや店内などにあえて壁面の人目がつく場所にモニターを設置すると、監視されていることが明確となりより高い防犯効果が得られます。


屋外に設置をする場合

屋外用カメラは屋内用カメラと比較すると雨や風・塵に耐久があります。
防滴仕様の場合は軒下など少しの水や湿気に耐え、防雨仕様の場合は雨風に晒されている場所でも水による故障が防げる設計になっています。

また、屋外用防犯カメラには、IP等級という防雨・防塵の耐久性の基準があり、高い等級ほど防雨・防塵耐性が強い。ということになります。
弊社ではIP66等級以上を「防雨タイプ」と表示しております。
高い等級ほど防雨・防塵耐性が強いということになります。
屋外用カメラは遠くのものを撮影するための望遠タイプから広く撮影が可能な広角タイプまで多くあります。
まずは撮影したい位置とカメラを設置する位置の距離をある程度測ることで、必要な防犯カメラが分かると思います。

また、監視を行なう場合に自宅のテレビやパソコンに接続して映像を閲覧することも可能ですが、専用モニターを使用することで映像確認をしたいときにすぐ映像が見れ、切り替える必要も無く効率の良い操作で監視を行なえます。
屋外や、屋内などの複数個所に設置している場合でも画面分割機能で同時に監視を行なうことも可能になります。

またカメラを設置する場合、基本的に同軸ケーブルを使用して、工事を行います。
最大で約500mの伝送が可能です。
屋外設置時には、ケーブル断線防止の為、配管施工をお勧め致します。
防犯カメラの設置は録画機との接続などを考えますと、複数の機器を接続するシステムですので、設置以降のメンテナンスを考えますと設置工事を行う場合は、専門業者へ依頼することをお勧め致します。

設置工事費用についてはこちら       ご自身で設置(DIY)をお考えの方はコチラ




防犯カメラの形・威嚇効果で選ぶ場合

屋外・屋内

監視カメラ・防犯カメラは主に「ボックス型カメラ」「ドーム型カメラ」「バレット型カメラ」が あります。各々の特徴は、下記の通りです。
RD-4115
ボックス型カメラ
一目瞭然の防犯カメラの外観で犯罪への威嚇・抑止効果を発揮するため、書店、アパレル店舗など万引き対策を中心に、幅広いジャンルへ導入されております。
カメラハウジングへ組み込む事で屋外での使用も可能な場合があります。
※一部機器は対応しておりません。
レンズを付け替えることが出来る為、使用希望の用途により広角から望遠まで対応が可能です。

RD-4115
ドーム型カメラ
防犯カメラの存在を目立たせる事なく景観へ溶け込む圧迫感のないデザインで、店舗やオフィス・マンションのエントランスなどに最適です。
防犯カメラのレンズ部分がカバーにより外から確認がし難い為、監視している場所がわかりにくく、死角スペースにも防犯効果を与えることが可能です。
基本的に屋内専用ですが種類によって軒下などに設置が可能な防滴構造のタイプもございます。

RD-4115
バレット型カメラ
ボックス型カメラが設置の際にハウジングやブラケットが必要なことに対し、バレット型カメラはハウジング一体型となっております。
ボックス型やドーム型にくらべ24時間雨や風、塵に対する耐久性を備えており、季節毎の温度変化にも耐える構造です。また夜間にも赤外線投光LED付きでしっかりと撮影が可能です。

アルコムでは現在取り扱っておりませんが、火災報知器や時計などの形をした特殊なタイプのカメラもございます。




映像画質で選ぶ場合

屋外・屋内

アルコムの取り扱う監視カメラ・防犯カメラには、「アナログカメラ」「AHDカメラ」「HD-SDIカメラ」があり、映像伝送方式が異なりますが、一番の違いとして、画素数が違うという点があげられます。
RD-4115
■アナログカメラ
一般的に多く普及しているカメラで、48万画素〜52万画素が主流です。
ネットワークカメラ(IPカメラ)と違い、映像信号に遅れがなく、ほぼリアルタイムの映像を確認することができます。 コストを抑えることができ、防犯カメラを設置してある。という抑止力とある程度の動きを確認することに向いております。 人物の特定、車のナンバープレート確認をご希望の場合は、AHDやHD-SDIカメラをお勧めします。

RD-4115
AHDカメラ
アナログカメラの2倍以上の130万画素で撮影することができます。
今後アナログにかわり主流となる防犯カメラで、既にアナログの防犯・監視カメラをご利用の場合、既存のケーブルをそのまま活用することが可能なので、機器の入れ替えだけで済み、コストを最小限に抑えることができます。
コストパフォーマンスに最も優れているタイプで、当店が最もお勧めしている商品です。


画質
RD-4115
■HD-SDIカメラ
アナログ、AHDカメラと比較しコストはあがりますが、放送用ハイビジョンクラスの高精細映像を出力可能な監視カメラで、最もきれいな223万画素を持っております。 その為、人物特定や車ナンバーなど、細部の撮影に適しております。
ただ、高解像度の為、配線には最新の注意が必要で、通常のカメラより、性能の高いケーブルでの配線が必要です。

■専用モニター
当店の防犯カメラ・監視カメラ専用モニターではLEDを使用したモニターで鮮やかにかつ鮮明な映像を映し出します。自宅や店舗など監視映像を確認する時に、録画したカメラの映像をそのままに映し出します。
また、人目につく場所にモニターを設置するとカメラ映像がどれほどまで映せるのかがわかるため、防犯にも繋がります。





価格で選ぶ場合

屋外・屋内

設置箇所・用途・設置工事費等により価格は変わります。
あくまでも目安として参考にしてください。
まずセットではなく全ての商品を単体で買った場合として、店舗に屋内用カメラ4台を設置すると 機器構成・予算の例は此方になります。
  27,000円のカメラ4台……108000円
  カメラ専用レコーダー1台……49,800円
  カメラ用の10mのケーブル4本……8,800円
  映像を確認するためのモニター……29,800円
  設置工事費……97,200円
  合計:293,000円

同じ機器構成ですがセットで購入すると、
  27,000円のカメラ4台とレコーダー、ケーブルのセット……156,000円
  セットと同時購入で割引価格になるモニター……22,800円
  設置工事費……97,200円
  合計:276,000円
となり、17,000円も差が出来ます。
上記の概算予算は、あくまでも目安として参考にしてください。
設置したい環境やご希望などにより大きく変わります。
アルコムの防犯カメラでは30万円以上になりますとリースでも導入する事ができます。
詳細についてや、お見積もり希望がございましたらお気軽にご相談ください。

場所場所場所場所
防犯カメラに関するご相談・お問合せはこちら






ページトップへ





防犯カメラ・監視カメラ通販専門店アルコム
無料お見積り・ご提案。まずはお電話ください。0120-7970-83 受付時間:平日9:00〜18:00