防犯カメラで院内の不審者を防ぐ

ツイッターリンクフェイスブックリンクGoogle+リンクはてなブックマーク
防犯カメラコラム医院_置き引きのトップ画像
※画像はイメージです。
4Kカメラ発売記念!工事キャンペーン
タイトル

侵入窃盗・不審者

病院には、患者、見舞客、家族などが昼夜関係なく出入りをしています。夜間も対応している病院の緊急入口は夜間も開放されており出入りが自由に可能です。夜間対応していない個人病院では世間的なイメージから個人財産を狙った侵入被害も起きています。もちろん侵入窃盗は財産だけでなく個人情報の持ち出しなどもあり防犯対策が必要になります。

医院・クリニックにて防犯カメラをつけるメリットは防犯の為はもちろんのこと、患者様からのクレームや人為的ミスを把握する為など様々なメリットがあります

タイトル

現金窃盗

病院における窃盗の中で一番多いのが現金窃盗です。院内事務室の現金の盗難や入院患者の現金盗難被害が多発しております。

原因としては、病院には見舞客や、家族出入り業者などの出入りが多く、夜間でも人の出入りがあります。

狙われる背景としては、下記のものが挙げられます。

1、 昼間の来院者対応でほとんどの病院が正面玄関付近に事務所があり、その横に重要物保管場所がある。

2、 昼夜問わず、見舞客や家族の出入りが多い。

3、 夜間の人間の配置として、ナースセンターや宿直室のみ配置されていて事務所には人がいない。

4、 入院病棟が2階以上にあることが多く、夜間に不審者が1階に侵入しても気づきにくい。

5、 入院相部屋がカーテンでの仕切りだが、金庫にいれずにバッグに貴重品を入れている人が多い

現金窃盗は、院内だけではありません。個人病院など自宅と併設されている場所では、自宅を狙った盗難事件も起きています。

社会的イメージから個人医院宅に現金、家財、貴金属など高額なものが多いというところからの犯行によるものです。

また、認知症患者などのいる施設では実際に盗難にあっても本人が気付くことができないこともあります。或いは盗難にあっていな

くても盗難にあったといわれて施設のスタッフや家族が犯人扱いをされ、お互いに嫌な思いをすることもあります。 人は自分に被害がふりかかると、疑心暗鬼に陥り、様々なことでも過敏に反応してしまうものです。

特に、入院患者や入居者が24時間滞在するような場所であれば、人間関係の悪化によりスタッフのモチベーションや施設のイメージが損なわれてしまいます。

そのようなリスクを回避するためにも防犯カメラの導入は効果的だと言えます。

タイトル

おすすめ機器

〇赤外線搭載の屋外用防雨カメラ

出入り口を中心に夜間でも対応できる赤外線搭載カメラをお勧めいたします。バレット型タイプでカメラが目立ち、威嚇効果にも繋がります。

〇動体検知録画可能なデジタルレコーダー

24時間監視録画をしながら、普段は人の出入りが少ない場所では動体検知録画を設定して、動きがあった際にのみ前後で録画を開始する設定で確実に犯行現場を撮影いたします。

〇センサーライト 夜間、人の出入りが少なく暗い場所では、防犯カメラとの併用でセンサーライトの導入をお勧め致します。人感センサー搭載の為、動きを感知して自動点灯し威嚇効果もあります

タイトル

注射器・薬窃盗

病院での窃盗は、現金や貴重品だけではありません。物品の盗難事件も発生しております。その中でも、注射器や薬は他の犯罪に使用される場合があるので細心の注意が必要です。 病院の管理体制も重要になってきます。

注射器は医療機器にあたりますので購入の際には許可が必要になります。悪用の為の用途の場合注射器の入手は困難となります。そのような背景もあり闇ルートでの売買の為の注射器の盗難などの犯罪も起きているようです。

また、病院での盗難や紛失はニュースなどで大きく取り出たされているのが、薬の盗難です。

盗難は外部からだけでなく、内部からの犯行も起きています。その中でも向精神薬の盗難が何度かニュースで話題になりました。

向精神薬とは中枢神経に作用し精神機能に影響を及ぼす薬物の総称で、抗精神病薬、抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬などがあります。社会の不安を背景に心の病が広がるなかで、治療のための薬に頼るあまり、依存に陥る人たちが増えてきています。さらに、インターネットを通じて転売や密売も横行しています。そのような背景の中で、向精神薬を不正なルートで入手しようとする人たちも発生してしまうのかもしれません。症状を和らげる薬である向精神薬が治療以外の目的で利用されているのも事実です。そのような背景がある中で、悲しいことに外部からの防犯対策を強化していても内部で勤務している職員であれば容易に侵入が可能です。依存という病は人間の理性も変えてしまうものなのです。

危険はすぐ身近にあるということを受け入れてその発生するべくリスクを軽減するために防犯カメラは必要なのかもしれません。

タイトル

おすすめ機器

〇220万画素高画質、広角対応カメラ

薬品など細かいものの盗難や、紛失の際にはより鮮明に撮影可能な高画質の220万画素カメラをお勧めいたします。さらに広角対応の機種にすることで薬品室の全体を撮影可能です。

〇メール設定機能付き録画機

ネットワークを通じて、夜間の盗難などの際に薬品室のカメラを動体検知した際にメールを送信する機能を設定することによって早期発見に繋がります。

また、ネットワークに接続することで、外部からスマートフォンや、タブレット、PCなどで遠隔からも確認可能です。

オススメの機器
機器の通販はこちら お見積りはこちら
ツイッターリンクフェイスブックリンクGoogle+リンクはてなブックマーク

お客様のご事情やご予算により、商品の組合せや設置場所の都合などを踏まえて最適な防犯カメラシステムをご提案させていただきますので、お電話やFAXなどにてお気軽にご相談ください。

防犯カメラコラム一覧
家庭用 店舗 駐車場 オリンピック
工場 自治体 マンション 医院
寺院神社 インターフォン 農業

防犯コラムや最新防犯カメラ情報・メルマガ会員様だけのお得なセール情報等を毎週配信!

メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください

 
商品カテゴリー
223万画素カメラ ドーム型カメラ デジタルレコーダー コネクター
220万画素カメラ ワンケーブルカメラ モニター 防犯アラーム
防犯カメラセット ネットワークカメラ ダミーカメラ センサーライト
屋外用カメラ ワイヤレスカメラ ハウジング 防犯ステッカー
屋内用カメラ Panasonic ブラケット その他周辺機器
夜間撮影カメラ HITACHI ケーブル TOPぺージ

トップへ戻る