マンションにおけるインターホンの様々な役割

ツイッターリンクフェイスブックリンクGoogle+リンクはてなブックマーク
防犯カメラコラムマンションのトップ画像

マンションといえば当たり前に設置してあるのがインターホンです。

インターホンの役割といえば、訪問者の確認に使用するというのが一般的な役割だと思います。ですが、インターホンでも機能の面に関しては様々です。古いものであれば電話タイプの呼び鈴と玄関先との通話ができるだけのものだったり、最近ではカラーモニターつきのもの、さらには録画機能の付いたインターホンまで様々です。そういった機能が付くようになったことで、インターホンはとても便利なものになってきました。今ではもはや、一昔前のように訪問者の確認という役割以外でも注目されるようになっています。

まず、注目のポイントとして上げられているのが防犯対策としてのインターホンです。

そもそも、マンションといえばほとんどが防犯カメラを設置してあり、防犯対策は万全なのではないかと思う方も居るかもしれません。それに、マンションで起こる犯罪といえば空き巣や、下着泥棒といったものがほとんどで狙われるとしてもマンションの1階か2階で上の階に住めば住むほど安全だと思っている方がほとんどではないでしょうか?

しかし実際は、マンションの構造や周りの環境によっては何階に住んでいても安心できると言い切ることはできません。例えば、空き巣や下着泥棒の被害が起こるのは確かにマンションでは1階や2階が一番多いとされています。

では、次に多い被害はどこなのか。それは最上階から下2階までの被害が多いのです。 なぜ最上階なのに空き巣や泥棒被害に遭うのかというと、まず初めにも言ったとおり、マンションで被害に遭うのは1階や2階と思っている人が多いため、最上階に近づくほど防犯意識が薄く、ベランダや窓、ドアのカギなどを開けたままにしていることが一つ目の理由です。

もう一つはマンションの中に入ってしまえば、最上階のほうが人目につきにくく犯行を行ないやすいからといわれています。いくらオートロックのマンションだといっても、住民の方が引越しをしてきた時など、引越し業者がオートロックのままだと作業が進まないために一時的にエントランスを開放してしまうことや、そんな特別な場合ではなくても住民のふりをして他の住民の後に続き、一緒にマンションの中に侵入することができてしまうのです。例えば、住民の人でも、自分がロックを解除している時に、後ろに買い物袋で両手が塞がっている人が待っていたりしたら、一緒に入ってきたとしても「両手が塞がってたから一緒に入ってきた」同じマンションの住民だと思ってしまいますよね?

このように、マンションの中に侵入することは簡単で入ってしまえば犯人の思うつぼになってしまいます。ですがそんな犯人でも犯行を行ないづらい状況を作ることができます。 まず、空き巣などの犯行を行なう犯人は下調べとして、住人の留守を確かめます。 その方法として一般的なのがインターホンを鳴らすことなのです。または直接部屋の中を覗いたりしますが、マンションなどではインターホンが主流だといえます。

そんなとき、インターホンにモニター機能や録画機能がある場合、犯人はとても犯行を行ないづらい状況になります。 そのため、現在ではインターホンは防犯対策の役割を担っているといえます。

>>アルコム正規代理店「アイホン」のインターホンはこちら

主な事例と解決方法の提案

タイトル

マンションオーナーに勧める最新インターホン

現在、マンションのおけるインターホンの目的はただの来客対応だけではなく、防犯対策も求められる時代となってきました。その理由としてはマンションにおける空き巣被害が増加しているからといった理由が挙げられます。特にマンションといった場所であれば、集合住宅のため大きければ大きいほど住人の数が増します。 住人の数が増えるということは住人同士で知らない人が増えるということです。 そのため、空き巣がマンション内に侵入したとしても同じマンションの住民だと思ってしまいます。 オートロック機能など防犯対策が充実しているマンションにおいてなぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか?

こんな使い方も!?家庭用防犯カメラの設置目的

【まとめ】

実際に防犯対策としてインターホンにはこのような機能が付いたものがあります。

一つ目は上記した通り、録画ができるということ。 録画機能に関しては、自分が部屋にいるときにインターホン越しに不審な人物や知らない人、怪しい人がいたときなど録画を行なうことができます。 もちろん、自分が部屋にいない留守中でも自動的に録画を行なうこともできます。

二つ目は録画機能と合わせて、広範囲を映し出すことが可能なレンズを搭載しているということです。 従来のインターホンでは肝心な顔が途切れて映っていなかったり、少し横にずれていると姿が映らないことがありましたが、最近のインターホンでは広範囲を映し出すことができ、それによって訪問者の姿をバッチリ映し出します。

三つ目はインターホンと連動した施錠です。 これは侵入者がピッキングなどで施錠を壊そうとした際などに警告音が鳴る機能です。 こういった機能を備えたインターホンが防犯対策に繋がります。

防犯カメラと併設することでさらに効果を発揮し、マンションのオーナー様や住民の皆さんも安心した生活が送れるようになるでしょう。
機器の通販はこちら お見積りはこちら
ツイッターリンクフェイスブックリンクGoogle+リンクはてなブックマーク
防犯カメラコラム一覧
家庭用 店舗 駐車場 オリンピック
工場 自治体 マンション 医院
寺院神社 インターフォン 農業
防犯カメラ業界サポートNo.1 些細なことでもお気軽にお問い合わせください!

トップへ戻る