HD-SDI防犯カメラとネットワークカメラの比較

どちらを選べばいいの?

HD-SDI(ハイビジョン)防犯カメラとパナソニック製などで知られているネットワークカメラはどちらも高画質映像監視が可能です。

では高画質映像監視をお求めのお客様はどちらを選べばよいでしょうか? またどのような違いがあるのでしょうか? はじめて導入をお考えのお客様が安心してご選定いただけるように高画質防犯カメラを選ぶ上でのポイントをご説明します。

ネットワークカメラの特徴

高画質ネットワークカメラは映像をネットワーク上で管理ができ、映像データが劣化しないというメリットがあります。しかしLANケーブルなどの新規配線工事が必要となります。

また性質上、映像にタイムラグが発生します、また回線速度の低下などネットワーク環境が不安定になると映像が乱れる(コマ落ち)というデメリットもあります。

多数のネットワークカメラ(IPカメラ)を管理するには、IPアドレスやルーター設定など、IPネットワークに関する非常に高度な知識と経験が求められます。 コスト面おいてもインターネット通信料やプロバイダー契約料などの維持費が必要になります。

コマ落ち

HD-SDIカメラの特徴

HD-SDIカメラは新しく導入する場合、同軸ケーブルを配線する必要があります。 しかしそれによって乱れのない安定した高画質映像出力が可能で、映像遅延もなくリアルタイムの映像監視が可能です。

コスト面においても、アルコムのオリジナルHD-SDI防犯カメラ製品ならパナソニック製品と比べ費用を抑えられます。また設置工事費用も業界最安値で導入コストを抑えることが可能です。

全国対応 防犯カメラ施工費 業界最安値!詳しいご説明はこちら!

リアルタイム映像監視
防犯カメラ業界サポートNo.1 些細なことでもお気軽にお問い合わせください!

トップへ戻る