1. 防犯カメラ・監視カメラの専門販売店アルコム トップ
  2. アルコムトラブルシューティング:防犯カメラ関連に多いお問合せ

故障かな?と思ったら(防犯カメラ関連に多いお問い合わせ)

故障かなと思ったら、簡単な確認をしてみましょう。アルコムトラブルシューティング、防犯カメラ関連

デジタルレコーダー関連はこちら
ケース1 防犯カメラの映像が映らなくなってしまった

 

問1:画面に時計や分割画面の表示は出ていますか?
映る場合 : 問2へ   映らない場合 : 問3へ
問2:映っていないカメラのケーブルをレコーダー背面の他のチャンネルに差し替えると映りますか?
→映る場合: レコーダーが原因の可能性があります
※デジタルレコーダーに関するトラブルシューティングをご覧ください

→映らない場合: カメラ本体、カメラ電源アダプタ、配線ケーブルが原因の可能性があります
※他のケーブルに交換してみてください
問3:カメラのケーブルをモニターに直接つなぐと映像は移りますか?
→映る場合:・レコーダーの電源が入っているかをご確認ください
・レコーダーの端子が正しく接続されているかをご確認ください
※他のケーブルに交換してみてください
※デジタルレコーダーに関するトラブルシューティングをご覧ください

→映らない場合: モニターのチャンネルが合っているかをご確認ください
※他にモニターがある場合は交換してみてください
ページのトップへ
ケース2 防犯カメラのピントが合わない。ぼけている…

 

問1:防犯カメラのレンズの種類を確認してください。
→単焦点レンズの場合 単焦点レンズの場合はピントの調整ができないため、防犯カメラの向きや距離を変えてみてください。それでも改善しない場合は弊社までご連絡ください。

→バリフォーカルレンズの場合 バリフォーカルレンズ搭載の防犯カメラは、撮影範囲の調節とピント調整が可能です。
取扱説明書で確認していただくか、アルコムサイトの各商品のページでご確認ください。調整方法の記載がないカ メラに関してはお問い合わせください。
フリーダイヤル0120-7970-83
メールの方はコチラから
ページのトップへ
ケース3 夜間の防犯カメラ映像が暗い、暗くなってきた…

 

防犯カメラを設置している期間を確認してください。
→赤外線暗視型防犯カメラの防犯映像が暗くなってきた場合
赤外線暗視型防犯カメラの場合、夜間の映像が暗くなってきたらLEDの寿命が近いサインです。 また、周りに何も反射するものがない場合、映像が暗くなることがありますのでカメラの向きを変えてみてください。

→暗視にならない、画像が白黒になってしまう場合
配線距離が長い場合、電圧の低下により赤外線が照射されなかったり、昼間でも白黒の映像になってしまうなどの現象が発生する場合がありますので下記の方法を試してみてください。
・他のカメラのACアダプターと差し替えてみる。
・コンセントを変えてみる
・設置してある他のカメラと入れ替えてみる
・ケーブルを交換してみる
※配線距離が近い場合も上記の方法を試してみてください。
ページのトップへ
ケース4 防犯カメラ映像が白くボケている…

 

防犯カメラのレンズ前面を確認してみてください。
→レンズやガラス面が汚れている場合
塵やホコリ、排気ガスで汚れていないか、また、蜘蛛の巣が張っていないか確認してみてください。

→防犯カメラ映像が真っ白になってしまう場合
赤外線は白いものに反射します。防犯カメラの近くに白い壁や障害物がないか確認してください。
また、防犯カメラの前にガラスがある場合、赤外線が反射するため映像は真っ白になってしまいます。
もしくは防犯カメラのレンズ周りに付いているゴムがずれていると同じように赤外線が反射して白い映像になってしまいます。
ページのトップへ
デジタルレコーダー関連はこちら


ページトップへ





防犯カメラ・監視カメラ通販専門店アルコム
無料お見積り・ご提案。まずはお電話ください。0120-7970-83 受付時間:平日9:00〜18:00