店舗の防犯対策 大型施設への導入に最適!

4K対応モニター まずはお気軽にお電話ください

こんなお悩みはありませんか

超高画質で手元まで

確認したい

従来の20万画素程度の防犯カメラは画質が悪く、人の顔も不鮮明に映り証拠として不十分なものが多くありました。
現在最新の防犯カメラは、4K規格の800万画素という高画質で人の顔はもちろん、手元まで鮮明に映すことが可能になっています。
レジでの不正やミス防止、支払いの証拠としても活躍します。

超高画質で手元まで

フロアをまたいで

複数台のカメラを設置したい

マンションや工場、ビル、大型施設といった長距離配線やフロアをまたいだ防犯カメラの設置には、LANケーブルで配線ができるIPネットワークカメラがおススメです。
通常のアナログカメラの場合、1台のカメラに2本のケーブルが必要なところ、1本で配線が可能になるため、配線が簡略化できるだけでなく、複数台の設置時に通常の配線に比べ工事費が安くすむというメリットがあります。

フロアをまたいで

カメラを遠隔で操作して

1台で映像を広範囲見たい

遠隔操作でカメラの首振りを行えるカメラをPTZカメラといいます。
PTZカメラであれば、広範囲のエリアを1台でカバーすることができ、人の目による目視確認や、見回りを遠隔地からカメラを通して行うことができるようになります。
エリアが広く管理が必要な工場などに特におススメのカメラです。

カメラを遠隔で操作して
たとえばこんな場所にオススメ おかげさまでたくさんのお客様に導入されています まずはお気軽にお電話ください

TTL

4K対応モニター

防犯カメラの設置事例紹介

まずはお気軽にお電話ください