広島県の防犯機器の通信販売

広島県の防犯情報

ここでは広島県の犯罪状況や防犯対策、助成制度や補助金制度による防犯カメラの設置の情報などの情報を随時配信していきます。

広島県による防犯対策で犯罪減少

広島県は年々犯罪は減少傾向にあり、県全体でみるとどんどん住みやすい町へとなっています。しかし自販機や車上荒らしなどの被害は増減を繰り返している現状です。特に車上荒らしとなると金額的にも大きな被害となるため事前に対策を行なう事が大切です。当店では広島県を含め、全国各地に工事業者を配置し通信販売にて防犯カメラの販売から設置まで行なっております。

小さなことでも気になることがあれば、まずはお電話下さい!また広島県には防犯カメラの補助金制度等もありますので参考にしてみましょう。

全国設置工事お任せください! 防犯機器のご購入をお考えの方はこちら

【工事対応エリア】広島市・東広島市・安佐北区・福山市・尾道市・廿日市市・三原市・呉市・府中市・三次市・その他多数

積極的に犯罪を減らす取り組み

広島県では平成15年以降より、県全体で犯罪を減らす取り組みを行なってきました。これらは県民をはじめ、事業者やボランティアの方々が連携し取り組むことで、各地域でも防犯パトロールや子どもの見守り活動など、自主的に防犯対策を行なう活動が増えてきたことで、結果的に広島県全体での犯罪認知件数が減少に向かっていきました。

「減らそう犯罪」

警察と大学による共同研究発表会

広島県の取り組みの一環として平成17年に広島県警察と広島大学が連携し、犯罪の起こりにくいまちづくりの総合対策に関する研究を行ないました。これらの研究結果をもとに安全なまちづくりの取り組みを行なう方々の役に立てるよう4つの項目を提示し発表を行ないました。このように警察と大学が協力し犯罪に関して研究を行なうことは全国でも初の試みでした。

広島県警察と広島大学との共同研究発表会の開催結果

防犯に対する情報発信

広島県警察のホームページでは電話による詐欺や、強盗事件など様々な情報を随時配信しています。また犯罪発生マップなどですぐに地域の犯罪状況がわかるような取り組みも行なわれています。これらのツールを利用して身近で起きた事件や、今後の対策に役立てられること、より一層地域でパトロールを強化するなどの取り組みが行なわれ、その結果が現在の犯罪認知件数低下につながっています。

もちろん犯罪は減ってはいますが無くなっているわけではないので、今後とも県民の方一人一人が防犯に対する意識を持つことでより安全な町を作っていけるでしょう。

広島県警察犯罪発生マップ

減らそう犯罪情報官速報

広島県における取り組み

広島県では、「なくそう犯罪」として日本一安全・安心な広島県の実現を目指して活動を行なっています。

日本一安全で安心な広島県を実現するため、身の回りから犯罪をなくす、犯罪が発生する環境をなくすという新たな視点に立ち、県民、事業者、ボランティア、関係団体、行政等の多様な主体が協働・連携した 「減らそう犯罪」広島県民総ぐるみ運動を「安全・安心なまちづくり」と「安全・安心をもたらす警察活動」を密接な両論としてこれまで以上に推進させることにより、この運動の新たな展開を図ります。

防犯カメラカスタマイズセット 些細なことでもお気軽にお問い合わせください