神奈川県は人口に対しての犯罪率の低さが高い

神奈川県の防犯情報

ここでは神奈川県の犯罪状況や防犯対策、助成制度や補助金制度による防犯カメラの設置の情報などの情報を随時配信していきます。

神奈川県は内部人口の多い県ですが、景色が良い夜景がキレイと有名な横浜市があり観光するには最適で、日本人外国人問わず観光客も非常に多い県です。その神奈川県の犯罪発生率は900万人以上の人がいるにもかかわらず人口100人に対して犯罪の発生率は1.09%、全国で22番目であるという低い数値がでています。その理由は県だけでなく警察、法人、地域の活動に大きな理由があります。

例えば、防犯カメラの助成を積極的に行っていたりすることです。 防犯カメラ専門店アルコムでは神奈川県を含め、全国各地に工事業者を配置し通信販売にて防犯カメラの販売から設置まで行なっております。気になる事がございましたらまずはお電話をください。

全国設置工事お任せください! 防犯機器のご購入をお考えの方はこちら

【工事対応エリア】横浜市,川崎市,横須賀市,鎌倉市,逗子市,三浦市,相模原市,厚木市,大和市,海老名市,茅ヶ崎市,その他多数

神奈川の犯罪状況

神奈川県は刑法犯の推移が平成18年時に認知件数が12万件、検挙率は38%だったのに対し、平成27年には認知件数6万件まで減り、検挙率は45%と上昇しています。他、ひったくりや重要窃盗犯、強盗や侵入などほとんどの犯罪で認知件数の減少及び検挙率の上昇がされています。

この実態の裏には神奈川県の安全・安心まちづくり活動などが貢献しています。

神奈川での防犯活動

神奈川県は「自分たちのまちは自分たちで守る」といった防犯意識を共有し地域ぐるみで犯罪の起きにくい環境づくりを行うようにしています。その為、ボランティア団体の支援や防犯カメラの助成を行ったり、防犯コンシェルジュや生活安全アドバイザー制度を導入、など様々な防犯支援を取り入れています。

神奈川県のサイトにて安全安心にかかわる情報は細かにまとめられています。さらには、街頭緊急通報システム「スーパー防犯灯」の設置もおこなっています。この「スーパー防犯灯」は防犯灯に赤色灯や防犯カメラ、さらには緊急通報ボタンにサイレンとインターホンを装備した街頭です。人が多い小学校付近や駅前を中心に設置されています。

防災速報・防犯情報

ヤフーが行う情報の提供および速報サービスにて、神奈川県警察が情報提供を行い、防犯情報機能を追加しております。現在この機能は埼玉県と神奈川県のみの追加ですが非常に速い情報が送られてくる為利用しない手はないと思います。

自主防犯活動団体等支援制度

神奈川県では、地域防犯力強化支援事業補助金や事故給付金制度を行い、防犯活動の支援をしています。地域防犯力強化支援事業補助金では、地域防犯力を高めるための防犯カメラ・監視カメラの設置の為の補助金を交付します。(市町村により異なりますので、最寄の市町村にお問い合わせください。)

事故給付金制度では、防犯活動中の事故により負傷した場合などに給付金を支給しています。こちらは、事前に自主防犯活動団体の登録が必要ですが、登録料や保険料などの金銭的負担はありません。

詳しくは自主防犯活動団体等支援制度をご覧ください。

防犯カメラカスタマイズセット 些細なことでもお気軽にお問い合わせください