1. 防犯カメラ・監視カメラの専門販売店アルコム トップ
  2. 防犯カメラ コラム一覧
  3. 駐車場における防犯カメラ設置について
  4. 当て逃げには防犯カメラが重要証拠に!
安心の長期保証 5年間保証
提案から保守までまるごと安心お任せパック
安心保証、初めてのカメラなら防犯カメラセット
自由に組み合わせたいなら防犯カメラカスタマイズセット



防犯カメラリース契約のご提案
 初めての方へ  アルコム5つのポイント アルコム製品カタログ2015
アルコムスタッフ 防犯ブログ
防犯対策・お買い得情報 メールマガジン
防犯対策助成制度防犯カメラ設置費用の一部を助成する補助金制度の情報をまとめました。
販売パートナー企業様募集
設置場所別オススメ防犯カメラ
防犯まちづくり
マンションインターホン交換ならアイホン正規代理店のアルコムへお任せください。
防犯機器通販会社ではアルコムだけ! ISO27001認証取得
公益財団法人CIESFは、非営利で国際的な民間の教育支援団体です。
 株式会社アルコム 会社案内

関連サイトのご案内
Facebookページ
モバイルサイトへアクセス
アルコム携帯サイト
営業日のご案内
Calendar Loading
※電話対応、商品発送は平日のみとなります。
アルコムでのお買い物時に送受信される情報は、暗号化(SSL)機能で保護されています。

当て逃げには防犯カメラが重要証拠に!

ツイッターリンクフェイスブックリンクGoogle+リンクはてなブックマーク
当て逃げのトップ画像
※画像はイメージです。
車に関する被害の中でも、当て逃げはかなり厄介な問題です。 イタズラや車上荒らしのように故意的なものだけではなく、気づかずに起きているケースもあるからです。
不特定多数の相手が対象となるため、起きたときにはしっかりとした証拠が必要になるでしょう。 走行中の当て逃げや接触もありますが、自分が知らない内に起きる内容を対象に話をしたいと思います。
知らない内に起きるものとしては「相手が走行中に、駐車している車に当てている」というものだったり、マンションや月極駐車場であれば「隣の人がドアを開けるときにぶつけている」という事もあります。 まずは、これら当て逃げとはどういうものかご説明した上で、その対策を紹介したいと思います。

当て逃げの特徴

当て逃げの特徴としては以下があります。

@相手は気づいているが、故意に逃げたケースがある
A当たった事に相手も気づいていないケースがある
Bたまたま通った人も良く通る人も関係なく起こす可能性がある
C物理的な証拠や明らかな損害が残るとは限らない
D証拠が無ければ警察は動けない

まず@とAですが、当て逃げの場合は必ず相手がいます。 当て逃げの場合は相手が故意に行っていない場合がありますので、判断が難しくなります。 もし犯人が見つかったとしても、相手が「気づかなかった、知らなかった」と言えばその真意は分からなくなります。

Bに関してはそのままの意味となりますが、初めてそこを通った人でも毎日通る人でも起こす可能性があります。 犯人の目星を立てられないという事ですね。

Cについては、イタズラや車上荒らしと違って程度によっては物的証拠が残らない場合があります。 タイヤがパンクしたり、金品が無くなったりすれば明らかに被害が見えますが、当て逃げの場合は「へこんでいる気がする」
「前はこんなキズなかった気がする」という風に曖昧になる場合があります。

そして最後にDですが、これはCとも関わり、明らかな変化が無かったり、証拠が無い場合は警察は動けません。 他の被害でも同じですが、警察は証拠が無ければ具体的に動くことができないのです。

当て逃げの対策とは

当て逃げのあとに起こす行動としては、まずは情報を集めることです。 自分の車の塗装剥げなどのキズ、相手の車の破損パーツ、車以外の破損物など、いろんな情報があります。
物理的な情報だけでなく、周辺に何か聞いたり見た人がいないかを確認することも重要です。 そして何と言っても近くの防犯カメラ映像が無いかを確認すること。 これらを行うことで物理的にも視覚的にも証拠を探すわけです。 しかし、そう都合よく決定的な証拠が見つかったり、目撃者がいることはそうありません。 小さな証拠から犯人を探し出す事はきわめて難しいでしょう。

そこで、役に立つのが防犯カメラです。 人の変わりに24時間見張ってくれる防犯カメラは、一番の証拠となります。 ぶつかった時間帯やその後の相手の行動、または相手の車種やナンバーなど、すべての重要な情報を網羅できます。

ナンバープレートの番号が分かり、ぶつかった瞬間の映像があれば、警察が動いてくれます。 すぐに警察を呼び、状況を伝えましょう。 ナンバープレートの番号がわらない時でも、警察は呼んで下さい。 ぶつけた相手が後日、自ら出頭してくることもあります。 車種や時間帯、地域から結びつけ、発覚することがあるでしょう。 犯人が分かった後のやりとりでも、カメラの映像は重要となります。 相手が気づいていなくても、相手が虚言を吐いても、真実を明らかにすることができます。

上記は比較的大きな被害に分類できますが、忘れてはいけないのが「ドアを開けたときの接触」です。 経験がある方も多いと思いますが、車体の助手席側に小さなキズがついている事があります。 そういうキズはたいてい、隣の車がドアを開けたときに当ててつくキズです。 集合駐車場では良くある事で、犯人は隣を借りている人…という例が最も多かったりします。 管理会社や隣の人に言っても解決せずにうやむやになってしまう事もあるでしょう。 自分の車の中にカメラを置いたりする対策もありますが、エンジンを切って使える車内カメラ自体が高価でありこの為だけに個人で行うのは難しい事もあります。
また、駐車後に車の横にカラーコーンを置くという方法もありますが、こちらも手間がかかる上に隣との付き合い上で 別の問題が発生するかもしれません。

こういう時は管理会社にカメラ設置を提案してみましょう。 ある意味抑止にもなる上、揉めたときの一番の解決材料になります。 カメラ設置は管理会社にもメリットがあるので、検討してもらえると思います。

オススメの商品


アルコムスタッフがオススメする機器

威嚇、犯人特定どちらにも利用できる防犯カメラですが、機器選定を誤ると、満足な結果を得られない可能性があります。 例えば、威嚇効果だけでいいのであれば、アナログカメラ(52万画素)の設置でも十分ですが、犯人特定まで入れると、より高画質なAHD(220万画素)のカメラが必要となります。このように設置環境にあわせて、最適な機器、取付場所の選定をご提案させていただきますので、弊社問合せ窓口までお電話やFAXにてお気軽にご相談ください。

AHD

TOP « 前の記事へ 次の記事へ »
ツイッターリンクフェイスブックリンクGoogle+リンクはてなブックマーク


お客様のご事情やご予算により、商品の組合せや設置場所の都合などを踏まえて最適な防犯カメラシステムをご提案させていただきますので、お電話やFAXなどにてお気軽にご相談ください。



最新AHD監視カメラが組み合わせ自由に選べるセット


防犯カメラコラム一覧

防犯コラムや最新防犯カメラ情報・メルマガ会員様だけのお得なセール情報等を毎週配信!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください

 




ページトップへ





防犯カメラ・監視カメラ通販専門店アルコム
無料お見積り・ご提案。まずはお電話ください。0120-7970-83 受付時間:平日9:00〜18:00