1. 防犯カメラ・監視カメラの専門販売店アルコム トップ
  2. 防犯カメラ コラム一覧
  3. 犯罪の多発する寺院・神社での防犯カメラの必要性
安心の長期保証 5年間保証
提案から保守までまるごと安心お任せパック
安心保証、初めてのカメラなら防犯カメラセット
自由に組み合わせたいなら防犯カメラカスタマイズセット



防犯カメラリース契約のご提案
 初めての方へ  アルコム5つのポイント アルコム製品カタログ2015
アルコムスタッフ 防犯ブログ
防犯対策・お買い得情報 メールマガジン
防犯対策助成制度防犯カメラ設置費用の一部を助成する補助金制度の情報をまとめました。
販売パートナー企業様募集
設置場所別オススメ防犯カメラ
防犯まちづくり
マンションインターホン交換ならアイホン正規代理店のアルコムへお任せください。
防犯機器通販会社ではアルコムだけ! ISO27001認証取得
公益財団法人CIESFは、非営利で国際的な民間の教育支援団体です。
 株式会社アルコム 会社案内

関連サイトのご案内
Facebookページ
モバイルサイトへアクセス
アルコム携帯サイト
営業日のご案内
Calendar Loading
※電話対応、商品発送は平日のみとなります。
アルコムでのお買い物時に送受信される情報は、暗号化(SSL)機能で保護されています。

犯罪の多発する寺院・神社での防犯カメラの必要性

ツイッターリンクフェイスブックリンクGoogle+リンクはてなブックマーク
防犯カメラコラム寺のトップ画像
寺院や神社には昼夜年齢問わず不特定多数の人が訪れる事が多い場所です。寺院や神社というものは日本古来の木造建築であり世界文化遺産に選ばれているものも多数あります。 そして誰にでも解放されていて何時でも参拝ができます。特に祭事では人が多く訪れますので賽銭泥棒などは起こりやすくなります。 近年では放火やすり替え盗難などもニュースに取り上げられることもありました。 その事例を対策とともにご紹介します。

近頃は寺社や神社も防犯カメラを設置するところも増えてはいますがまだ犯罪は行われています。 2015年2月から京都や奈良などの寺社や神社などで油のようなものが撒かれる「寺社連続油被害事件」がありました。4月に入りさらにそれは拡大し、茨城 県の鹿島神宮、千葉県の香取神宮で発生し、模倣犯や集団での犯罪だとテレビや新聞などで取り上げられたことは記憶に新しいと思います。容疑者である人物は その行為を悪いことだとは思わず「お清め」と良い事のように述べました。
さらに福岡県の警固神社では狐の石像「おいなりさん」が4体壊された事件も起きています。深夜の犯行で犯人も見つからず石像などは作り直されることとなりました。この事件の際、「罰当たり」という言葉が多く使われましたが、神様や宗教などに興味関心がなく犯罪行為をする人には何も響かないのでしょう。

こういった犯罪を行う人は「むしゃくしゃしたから」「やってみたかった」と突発的にする人や先ほどの油を撒いた人の様に罪悪感もなく行う人も多く、ただ「してはいけない」と訴えかけるだけでは犯罪は減らないのです。 誰もが出入りでき、人々のよりどころである場所だからこそ安心して過ごせるような備えが必要です。

主な事例と解決方法の提案


賽銭泥棒・盗難

夜間の泥棒!その対策は?

2003年頃から多々行われている賽銭泥棒や仏像、お布施などの盗難。 寺院などは誰でもはいれるよう開放されているのが常ですが、その環境のためか泥棒は後を絶ちません。 さらには泥棒している所を見つかった犯人からの暴行の被害なども起こりうるでしょう。 常日頃防犯の意識をするのも大事ですが、昼間でも夜間でも撮影と録画が出来、 知らせてくれる防犯カメラを 見えるように設置することで人件費の削減、 録画と監視をするだけでなく犯罪の抑止・威嚇効果にもなります。
賽銭泥棒



不審火・放火・火事

突然の火災による建造物の焼失を防ぐ為に。

寺院や神社のほとんどは木造建築です。その為、火を付けられるとすぐに燃え上がり手遅れとなる事も多いでしょう。たとえ再建や一部だけの焼失で済んだとし ても、昔からの歴史などを取り戻すことは不可能です。やはり火を付けられる前に対処することが大事です。放火犯は夜間に人目の付かない場所でつけるのが多いので燃えやすい物を建物周辺に放置しないことはもちろんの事、動作検知で人が普段通らない場所で動きがあった際に知らせてくれるカメラなどでの対策などいかかでしょうか。
不審火・放火・火事



破壊行為・らくがき・不法投棄

石像や寺社の破壊やらくがき、ゴミの不法投棄は後を絶たない。

管理する人が少ない場所では夜間に突然現れて破壊行為などをしていった場合、 犯人への注意も特定も困難であることが多いです。 さらに破壊行為やらくがきなどは放置をしないことが大切です。防犯意識が低い所を見せると前回見つからなかったと何度も同じ行為をしていく場合もあります。 そのため、防犯目的で監視・防犯カメラを設置することで犯罪を抑止しましょう。 万が一犯罪が起こった場合でもレコーダーの記録映像をもとに犯人を特定することも可能です

詳しい事例と解決方法>>

破壊行為など




【寺の防犯対策:まとめ】
寺院や神社での事件事例とその対策についてご紹介させていただきました。
今回あげました「賽銭泥棒・盗難」「放火・不審火」「破壊行為・らくがき・不法投棄」にはどれも共通事項として夜間・人手不足が上げられます。
なので、暗くても撮影が出来る夜間対応カメラや、範囲内で動く人がいると点灯し周囲の目を集められるセンサーライト、犯罪の現場を録画し保存ができるデジタルレコーダーで防犯対策するのが良いでしょう。また、寺院や神社は建物に穴を開けることが出来ない場合もあるのでビスを使用しないブラケットを使い、古くからある建造物に大きな傷を付けずに設置が可能です。事件や事故というものは起こってしまってからでは遅いのです。監視カメラ・防犯カメラの設置 で早いうちから犯罪を抑止していくことが大切です。

防犯・監視カメラの専門販売店アルコムはお客様の環境やご要望、ご予算に合ったセキュリティシステムのご提案をさせて頂きます。ご質問、ご不明な点がございましたらまずはフリーダイヤルにてお気軽にお問い合わせください。防犯設備士の資格を持ったスタッフが直接お聞き取りをし、お客様にご満足頂けるようなご提案をさせて頂きます。


ツイッターリンクフェイスブックリンクGoogle+リンクはてなブックマーク


最新AHD監視カメラが組み合わせ自由に選べるセット


防犯カメラコラム一覧


ご相談から保守まで、全国一括対応致します!

ページトップへ





防犯カメラ・監視カメラ通販専門店アルコム
無料お見積り・ご提案。まずはお電話ください。0120-7970-83 受付時間:平日9:00〜18:00