福島県で起こる犯罪。防犯カメラで対策!

福島県の防犯情報

ここでは福島県の犯罪状況や防犯対策、助成制度や補助金制度による防犯カメラの設置の情報などの情報を随時配信していきます。

福島県は平成14年時は約36,000件もの犯罪認知件数がありました。ですが、平成27年には約12,000件、3分の1まで認知件数を減少させました。その背後には警察のスーパーなどに対しての店内巡回やお客様への積極的な声掛けのほか、防犯のボランティア団体と連携し地域の巡回や広報活動を行い、犯罪・万引きなどを「しない・させない・ゆるさない」呼びかけをしてまいりました。

また、商店街など人が多い場所への防犯カメラの設置の助成金(補助金)対策などをし、設置を推奨してきたのも結果の1つと言えるでしょう。

福島県の防犯補助金制度等をまとめておりますので参考にしてみましょう。 防犯カメラ専門店アルコムでは福島県を含め、全国各地に工事業者を配置し通信販売にて防犯カメラの販売から設置まで行なっております。気になる事がございましたらまずはお電話をください!

全国設置工事お任せください! 防犯機器のご購入をお考えの方はこちら

【工事対応エリア】福島市,会津若松市,郡山市,いわき市,白河市,須賀川市,相馬市,南相馬市,本宮市,その他多数

福島県安全・安心まちづくり推進室

福島県では県内の犯罪情勢や各種防犯情報をお知らせすることにより、皆様方の自主防犯意識を高めてもらう事を目的として作成された犯罪・防犯情報ページ「福島県安全・安心まちづくり推進室」がございます。

身近な防犯対策として「住宅の防犯対策」「自転車盗被害防止対策」「置引き被害防止対策」「万引き被害防止対策」についてまとめてあったり、防犯ボランティアの紹介や、印刷可能な広報用の防犯チラシを配布しています。

また、防犯情報などをメールでお知らせしてくれるメールマガジンもございます。福島県に在住の方はぜひご利用してみてください。

ツイッターでの防犯情報

福島県警察本部生活安全企画課のツイッターアカウントがございます。福島市内の様々な情報が毎日ツイートされており、防犯イベントなどの情報も把握することができます。

福島県警察本部ツイッターアカウント

窃盗対策や防犯登録

福島県は刑法犯全体の約7割が窃盗犯です。特に福島県では原発で非難した地域での窃盗は例年よりも2倍以上になりました。また、空き巣などが想像されることが多いですが、自転車や車のタイヤなども被害にあうことがあります。その為自転車を利用する人は、法律により自転車防犯登録を行うことが義務づけられています。

盗まれた自転車や放置されている自転車が発見された場合、防犯登録シールなどから被害者がわかり自転車が還付されます。また、自転車を利用中、事故等に遭遇した場合、自転車防犯登録等から持ち主がわかり、家族等への早期な連絡にも役立ちます。

防犯カメラカスタマイズセット 些細なことでもお気軽にお問い合わせください