宮城県の安全安心のための取り組み

宮城県の防犯情報

ここでは宮城県の犯罪状況や防犯対策、助成制度や補助金制度による防犯カメラの設置の情報などの情報を随時配信していきます。

宮城県の犯罪は年々減少傾向にあり、さらに検挙率はしっかり一定の数を保っています。都道府県の中で犯罪率は19位と全国的に見ると発生率は多いと言える地域かもしれませんが、大半を占める犯罪が侵入窃盗・乗り物盗であり、地域住民や警察の活動で年々減っていっている犯罪です。当店では宮城県を含め、全国各地に工事業者を配置し通信販売にて防犯カメラの販売から設置まで行なっております。小さなことでも気になることがあれば、まずはお電話下さい! また宮城県には防犯補助金制度等もありますので参考にしてみましょう。

全国設置工事お任せいださい! 防犯機器のご購入をお考えの方はこちら

【工事対応エリア】仙台市,石巻市,塩竈市,気仙沼市,白石市,名取市,角田市,多賀城市,岩沼市,登米市,栗原市,東松島市,大崎市,その他

宮城県の犯罪情勢

宮城県は近年、窃盗犯が増えている傾向にあり、主に職場や事務所狙いが前年よりも増えているそうです。その為、センサーライトの設置などを犯罪抑止対策を宮城県警の生活安全課は推奨しています。 また、特殊詐欺(架空請求詐欺・オレオレ詐欺)も件数は減っているものの被害額は増えており、その対策として犯行グループからの電話を防ぐため、警告メッセージが流れて通話を録音する「特殊詐欺撃退装置」の貸し出しを行っていたり、特殊詐欺の被害防止CMを期間的にテレビで放送したりしています。

みやぎマモルンジャー

防犯ボランティアの高齢化や人員の固定化といったことに対応するために宮城県は、平成22年度に実施された警察庁の「若い世代の参加促進を図る防犯ボランティア支援事業」により募集のあった県内の7つの大学の生徒を中心としてみやぎマモルンジャーを結成しています。 主に防犯パトロールや各種防犯イベントの参加や広報活動などを行っています。

宮城県青色防犯パトロール

青色防犯パトロールとは、青色回転灯を装着した自動車により地域の防犯のために自主的に行う、自主防犯パトロール活動のことです、宮城県では500近くの車両が定期的な車での巡回を行い、地域の安全を見守っています。

防犯カメラカスタマイズセット 些細なことでもお気軽にお問い合わせください