家庭用防犯カメラ・監視カメラで家庭のセキュリティ対策

一般家庭も防犯対策が必要です!我が家の安全度チェック

様々な犯罪のターゲットとなる一戸建て住宅

一戸建ての住宅は、マンションや事務所・店舗などと比べて、ドアや窓の数が多く、そこまでの到達も容易な場合がほとんどです。また、一戸建てのみではなくマンションの1階にも言える事ですが、高い植え込みや塀などがあると身を隠すのも難しくなく、侵入盗の手助けとなる場合もあります。

侵入犯罪の60%は不在時を狙った空き巣なのですが、不在を探りやすいというのも一戸建て住宅の弱点の一つです。

様々な犯罪のターゲットとなる一戸建て住宅

侵入窃盗の70%は一般住宅がターゲット

侵入窃盗の69.4%は、一般住宅がターゲットです。

その内、一戸建て住宅23.7%、中高層住宅(4階建て以上)16.1%、その他の住宅29.7%となっています。

戸建て住宅を対象とした空き巣の侵入手段では、ガラス破りが最も多く、次いで無締まりとなっています。

(平成18年警視庁調べ)

効果的な防犯対策で犯罪を未然に抑止

多くの犯罪は、未然に防げる可能性があります。

平成18年度上半期だけでも約100万件の犯罪が認知されています。 これは全国で1日に約5,400件の犯罪が起こっているという事になります。 そして、その多くの犯罪が防犯カメラやセンサーライトなどの防犯対策を行うことで抑止できる可能性を持っています。

効果的な防犯対策で犯罪を未然に抑止
犯罪抑止を意識した防犯対策がポイント。

特に防犯カメラは、犯罪が起こった後、記録された映像を解析して犯人を逮捕するといった認識がありますが、国内では防犯カメラが設置されている事により抑止される犯罪も多く、威嚇による防犯(犯罪抑止)効果も期待できるのです。

また、照明や音による対策も効果的です。センサーライトの利用により、不審者への威嚇、また、防犯カメラによる撮影の補助、そして帰宅時の足元、手元の確認などが可能になります。窓やドアに達した侵入者に対しては、各種センサーの利用で音による威嚇を行うなど、いくつかの段階に分けた対策を行うことで犯罪を未然に防止することができます。

アルコムが提案する一般家庭向けの防犯対策

アルコムスタッフが伝授一戸建て防犯対策 今すぐチェック!年末年始の防犯対策
防犯カメラ業界サポートNo.1 些細なことでもお気軽にお問い合わせください!

トップへ戻る