1. 防犯カメラ・監視カメラの専門販売店アルコム トップ
  2. 防犯カメラ コラム一覧
  3. オリンピックでの防犯カメラの普及で安心安全な都市づくり
  4. 東京夏季オリンピックで増すテロの可能性。防犯カメラで対策を!
安心の長期保証 5年間保証
提案から保守までまるごと安心お任せパック
安心保証、初めてのカメラなら防犯カメラセット
自由に組み合わせたいなら防犯カメラカスタマイズセット



防犯カメラリース契約のご提案
 初めての方へ  アルコム5つのポイント アルコム製品カタログ2015
アルコムスタッフ 防犯ブログ
防犯対策・お買い得情報 メールマガジン
防犯対策助成制度防犯カメラ設置費用の一部を助成する補助金制度の情報をまとめました。
販売パートナー企業様募集
設置場所別オススメ防犯カメラ
防犯まちづくり
マンションインターホン交換ならアイホン正規代理店のアルコムへお任せください。
防犯機器通販会社ではアルコムだけ! ISO27001認証取得
公益財団法人CIESFは、非営利で国際的な民間の教育支援団体です。
 株式会社アルコム 会社案内

関連サイトのご案内
Facebookページ
モバイルサイトへアクセス
アルコム携帯サイト
営業日のご案内
Calendar Loading
※電話対応、商品発送は平日のみとなります。
アルコムでのお買い物時に送受信される情報は、暗号化(SSL)機能で保護されています。

東京夏季オリンピックで増すテロの可能性。防犯カメラで対策を!

ツイッターリンクフェイスブックリンクGoogle+リンクはてなブックマーク
防犯カメラコラムオリンピック_テロのトップ画像


近年の世界情勢

2014年の世界各地で起きたテロ活動に関して、アメリカの国防省が公表している次報告書によると、発生件数は前年比35%増の1万3463件、死者数は81%増の3万2727人に急増したそうです。
減少傾向にあったテロ活動は13万件に伸び、2014年は過激派組織イスラム国が勢力を拡大したことで、さらに被害が広がっているようです。 2014年にテロが起きたのは95ヶ国もあり、その被害は多くの国に飛び火しています。 近年では東南アジアなど、日本から比較的近い国々も被害にあっており、 そして遂には、ここ日本もテロ活動の対象国になってしまったショッキングなニュースもありました。
テロ活動が世界各地で多岐に渡って行われるようになった昨今では、 特に人が密集する環境化でテロ活動が行われるケースが多くあるため、 未然に危機を防ぐための対策を講じることが急務となっています。


防犯カメラの普及が最も進んでいるロンドン

防犯カメラの普及が一番進んでいるのはイギリスのロンドンと言われています。 同市内には400万台以上のカメラが設置されているそうで、 防犯カメラ普及の背景にはイギリス政府が介入した経緯があります。
1990年初めに北アイルランドのカトリック系過激派組織が爆弾テロをお越し、 続いて金融街のシティーでは92年と93年にテロが起き、 その際は他国の金融企業も巻き込まれたそうです。 そして更なる防犯カメラ普及を加速させたのもテロ被害が挙げられます。
2005年に起こった爆破テロでは50人以上が巻き込まれ命を奪われました。 その際に防犯カメラは事件を未然に防ぐことは出来なかったそうですが、 警察の捜査で犯行グループがカメラ映像にしっかり映っていたことで、 犯人の特定につながったそうです。
それから2012年のロンドン夏季オリンピックまで、 イギリス国内では幾度かテロ未遂事件が起きたそうですが、 防犯カメラの存在があったことで事前に被害を食い止めることができたケースが 報告されたことで、防犯カメラの普及が更に加速したようです。


東京夏季オリンピックで増すテロの可能性

2012年にロンドン夏季オリンピックが開催されました。
当時は204の国と地域から多くの選手が参加し、そして、 各国の多くの人々が観戦に訪れるためイギリスに入国しました。 2005年に地下鉄・バスで起きた同時多発爆破テロの被害を被ったこともあることから、 オリンピック開催までにイギリス政府は軍を中心にした対策を講じ、 そして防犯カメラの普及を更に加速させ、ロンドン市内のあらゆる箇所に設置をし、 各街路の監視体制も強化することで、不審な動きをリアルタイムでも確認できるようにし、 事件を未然に防ぐ体制を整えていたそうです。

結果オリンピック期間中のテロは起きておらず、イギリス政府の対策は成功した形となりました。 しかし、ここ日本では国の施策や地域制、民族性の違いから、全く同じ対策を講じることができません。 そもそも東京はロンドン市内程、防犯カメラが普及していません。 国や自治体が主導権を握って防犯対策を講じる機会は未だ少なく、 中には補助金を制度化して普及を促進する動きは活発にはなってきましたが、 施工までにはいくつかのハードルを越える必要があり、 民間がスピードを持って補助金制度を活用して行くには難しい状況を日本は抱えています。

つまり日本国内に目を向けても、導入されている防犯機器のほとんどが、 民間人の力によるものであること、そして街路などの中心地に設置されるカメラは商店街の組合や地域住民で決済された団体が、審査期間を要する補助金を活用していることが実態です。 過去オリンピック最大の悲劇と言われている1972年のミュンヘンオリンピックで、 パレスチナ武装組織が選手含め複数人を射殺するテロ事件を起こしました。
当時は防犯カメラの普及はほとんど無かった時代のため起きた事件かもしれませんが、 ロンドン市内に比べ東京の防犯対策は、まだまだ改善の余地があると言われています。 悲劇を繰り返さない、日本国内でテロ組織が活動ができよう、政府主導のもと、 防犯カメラ普及が取り巻く環境に変化を与えていく必要性があるのではないでしょうか。


空港から街路の死角まで

店舗や商業空間、駅や空港、駐車場や一般住宅と、国内でも防犯カメラに設置場所は 徐々に増えてきています。建物の外や内部に設置された多くの防犯カメラが民間の力であれば、建物と建物をつなぐ街路や街中に設置されるケースの多くは、自治体が動いたり、補助金制度を活用しているようです。 人が移動するには欠かせない空港や駅などの公共機関には、多くの防犯カメラが 設置されています。
しかし建物の外部や死角に人が隠れることが出来る場所は多々あり、それらを全てカバーすることは難しいかもしれません。
そのため大事な対策となってくるのは、そこまでにつながる街路への防犯カメラ導入を 拡充することが求めらると思います。 テロリストが空や海を経由して日本国内にたどり着いても、 その巣窟となりそうな空間を、若しくは、それまでの道のりを捉えられるような防犯対策を全国で講じることで、テロリストが活動しにくい社会を作り上げる必要がありそうです。

オススメの機器


AHD220万画素屋外用カメラと専用レコーダーセット

一番高画質な防犯カメラセット。人相確認や手元の撮影に秀でており、 警察の捜査により貢献できる映像を録画することもできます。
雨ざらしの環境でも設置ができるカメラであるため、設置場所を選ばずに、 超高画質映像での録画まで可能なところが魅力です。

AHD



ツイッターリンクフェイスブックリンクGoogle+リンクはてなブックマーク

お客様のご事情やご予算により、商品の組合せや設置場所の都合などを踏まえて最適な防犯カメラシステムをご提案させていただきますので、お電話やFAXなどにてお気軽にご相談ください。



最新AHD監視カメラが組み合わせ自由に選べるセット


防犯カメラコラム一覧

防犯コラムや最新防犯カメラ情報・メルマガ会員様だけのお得なセール情報等を毎週配信!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください

 




ページトップへ





防犯カメラ・監視カメラ通販専門店アルコム
無料お見積り・ご提案。まずはお電話ください。0120-7970-83 受付時間:平日9:00〜18:00