1. 防犯カメラ・監視カメラの専門販売店アルコム トップ
  2. 防犯カメラ コラム一覧
  3. オリンピックでの防犯カメラの普及で安心安全な都市づくり
  4. 多民族・多宗教の人々が日本に訪れるオリンピック。その時、我々に必要なものは何か
安心の長期保証 5年間保証
提案から保守までまるごと安心お任せパック
安心保証、初めてのカメラなら防犯カメラセット
自由に組み合わせたいなら防犯カメラカスタマイズセット



防犯カメラリース契約のご提案
 初めての方へ  アルコム5つのポイント アルコム製品カタログ2015
アルコムスタッフ 防犯ブログ
防犯対策・お買い得情報 メールマガジン
防犯対策助成制度防犯カメラ設置費用の一部を助成する補助金制度の情報をまとめました。
販売パートナー企業様募集
設置場所別オススメ防犯カメラ
防犯まちづくり
マンションインターホン交換ならアイホン正規代理店のアルコムへお任せください。
防犯機器通販会社ではアルコムだけ! ISO27001認証取得
公益財団法人CIESFは、非営利で国際的な民間の教育支援団体です。
 株式会社アルコム 会社案内

関連サイトのご案内
Facebookページ
モバイルサイトへアクセス
アルコム携帯サイト
営業日のご案内
Calendar Loading
※電話対応、商品発送は平日のみとなります。
アルコムでのお買い物時に送受信される情報は、暗号化(SSL)機能で保護されています。

様々な人々が日本に訪れるオリンピック。その時、我々に必要なものは何か

ツイッターリンクフェイスブックリンクGoogle+リンクはてなブックマーク
防犯カメラコラムオリンピック_外国人のトップ画像


空港が入口となり市街地へ

東京夏季オリンピックが開催される際に、空の玄関口となる羽田空港と成田空港には、 各国から数多くの人々が訪れ、非常に混雑することが予想されます。 空港内では防犯カメラ以外にも熱センサー探知機など、高性能な精密機器が配置され、 テロ対策も行われています。
恐らく空港を利用する人全てが、設置してあるカメラのどこかの撮影範囲に納まるよう、 機器配置場所も設計されているはずです。

しかし大混雑が予想される東京夏季オリンピック時には、空港を利用する全ての人々に 管理側が素早く対応することも難しくなる可能性もあります。 そのあたりも想定し、今後は空港内のカメラ台数設計に変更があることを期待します。 そして東京夏季オリンピックの各会場へアクセスするためには、 空港から更に公共交通機関を利用することとなります。 地下鉄・電車・バスなど、日ごろ私たちが利用する公共交通機関には多くの外国から 訪れた人々も同乗することとなり、東京の人口は更に膨れ上がることで、日々の生活に 何かしらの支障が出てくるかも知れません。
またそれに際し、今まで考え付くこともできなかった場面に遭遇し、当たり前の生活に 変化を与えられるケースも出てくるかもしれせん。


オリンピックには多民族・多宗教の人々が訪れる

東京夏季オリンピックには200前後の国と地域から、選手や観戦者が訪れます。
つまり参加国に応じた民族が、また各宗教からなる価値観の人々が集結します。
私たちの生活リズムや無意識に守っている行動規範、価値観とは違うことがあるため、 想定をしていなかったケースと向き合う場面が出てくるかもしれません。

例えば、日本では道端にゴミを捨てることを嫌う意識がありますが、 反対に道端にゴミを捨てることが当たり前な国もあります。 その国では昔から道端のゴミを拾う職業も存在しているため、それはその国の価値観であり歴史でもあることから、その行為を咎めることはできません。
東京夏季オリンピックでは、私たち個人がそのような価値観の違いに向き合うことも求められます。 公共交通機関や市街の大通りなど、国や自治体、商店街などが主導となって、 外灯などに防犯カメラを設置して、独自の対策を行っているところは多くあります。 しかし人通りが少ない歩道やその地域には、まだまだ街頭防犯対策を行えていないのが現状です。
特に外国で配布されている観光用のガイドブックに載っている地域は、 東京夏季オリンピック時には多くの人々が訪れることが予想されるため、 事前の対策を講じる必要性があると思います。

今後は国が主体となって、様々な催し物が開催され、日本という国を多くの人々に理解してもらう機会が増えて行くことかとは思われます。 しかしそれでも伝えきることにも限界はありまますので、最後は自分たちで解決できる コミュニケーション技術であったり、何かしらの対策を取っていくことをイメージしていた方が賢明かもしれません。 思考や意識を日本から飛び出して、人々を捉えていくイメージは想像しづらいものですので、実際的な対応策という点では、防犯カメラは有効なツールかと思います。


一人ではなく複数人で行う防犯

個人宅、個人商店、企業独自で行う以外にも、商店街や組合など複数人や複数企業で行う防犯対策もあります。

その際に有効なるのが、各自治体で行っている防犯機器への補助金対策です。 東京23区のほとんどの役所が設けている補助金制度を利用することで、個人ではなく団体で見積りを作っていくことが可能で、且つ、より安価に防犯カメラの導入が可能となります。
被害が及びそうな敷地や建物にたどり着くまでには、道を通る必要があります。 そのため街頭防犯として歩道に防犯カメラを設置し、地域や敷地までの経路の防犯対策を 講じて行くことも、被害を事前に防ぐための有効打ともなります。 勿論そこから、個人で建物に防犯カメラを設置することで、万全な対策へと昇華することもできます。

日本国内で適用される法律で対処できる事案であったとしましても、やはり防犯カメラ映像が大きな証拠となることには変わりはありません。 録画機も含めた防犯構成を取ることで、より安心で安全な生活を維持できますし、私的に設置された防犯カメラ映像が困っている他人を救う手立てにもなります。 防犯カメラが守るのは国民一人一人の日々の生活でもあります。

オススメの機器


AHD130万画素 赤外線搭載屋外防雨型カメラと専用録画機、ケーブルセット


数百メートルの配線距離にも対応ができる高画質カメラセット。
遊歩道などで設置場所によっては、カメラを設置する場所からモニタリングを行う建物まで長距離配線が必要な場合もあります。
しかしAHD130万画素カメラでは最長500mまで配線が可能で、また人の顔を捉えることにも長けている高画質なカメラとなります。
設置環境にあまり左右されず、様々な環境下で効能を発揮できるオススメの機器です。






ツイッターリンクフェイスブックリンクGoogle+リンクはてなブックマーク

お客様のご事情やご予算により、商品の組合せや設置場所の都合などを踏まえて最適な防犯カメラシステムをご提案させていただきますので、お電話やFAXなどにてお気軽にご相談ください。



最新AHD監視カメラが組み合わせ自由に選べるセット


防犯カメラコラム一覧

防犯コラムや最新防犯カメラ情報・メルマガ会員様だけのお得なセール情報等を毎週配信!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください

 




ページトップへ





防犯カメラ・監視カメラ通販専門店アルコム
無料お見積り・ご提案。まずはお電話ください。0120-7970-83 受付時間:平日9:00〜18:00