1. 防犯カメラ・監視カメラの専門販売店アルコム トップ
  2. 防犯カメラ コラム一覧
  3. 店舗経営者が知っておくべき防犯カメラのあり方!
  4. 太陽光発電施設における防犯カメラの活用
安心の長期保証 5年間保証
提案から保守までまるごと安心お任せパック
安心保証、初めてのカメラなら防犯カメラセット
自由に組み合わせたいなら防犯カメラカスタマイズセット



防犯カメラリース契約のご提案
 初めての方へ  アルコム5つのポイント アルコム製品カタログ2015
アルコムスタッフ 防犯ブログ
防犯対策・お買い得情報 メールマガジン
防犯対策助成制度防犯カメラ設置費用の一部を助成する補助金制度の情報をまとめました。
販売パートナー企業様募集
設置場所別オススメ防犯カメラ
防犯まちづくり
マンションインターホン交換ならアイホン正規代理店のアルコムへお任せください。
防犯機器通販会社ではアルコムだけ! ISO27001認証取得
公益財団法人CIESFは、非営利で国際的な民間の教育支援団体です。
 株式会社アルコム 会社案内

関連サイトのご案内
Facebookページ
モバイルサイトへアクセス
アルコム携帯サイト
営業日のご案内
Calendar Loading
※電話対応、商品発送は平日のみとなります。
アルコムでのお買い物時に送受信される情報は、暗号化(SSL)機能で保護されています。

太陽光発電施設における防犯カメラの活用

ツイッターリンクフェイスブックリンクGoogle+リンクはてなブックマーク
不動産イメージ

太陽光発電と防犯カメラ

太陽光発電と防犯カメラが何の関係があるのか、疑問に思われるかもしれませんが需要はあります。
現に太陽光発電を建設される上で施設の防犯は必然となります。
では防犯対策をするため、常時24時間警備員を配置して監視をするのか?大きな施設であれば人的警備も必要になってくるかもしれませんが、小規模の太陽光発電設備ではリスクの確率と予算において人的警備は難しいでしょう。
そのような時に防犯カメラが必要になってくるのです。
防犯カメラを設置の際に必要なものは電力だけです。
電力さえあれば、防犯カメラシステムは24時間365日休まず映像監視をしてくれます。
こんな便利で人的警備よりコストも低く抑えられるので太陽光発電施設では防犯カメラが導入されるのです。

太陽光発電の特性

昨今、太陽光発電設備が次々と建設されています。個人宅においても太陽光のパネルの導入も増加してきております。それは太陽光発電のシステムは環境に優しいものであることが大きな要因です。太陽光のメリットはエネルギーが無尽にあること。火力や水力、原子力には燃料が必要です。太陽光は太陽が照らされている間はエネルギーが蓄積されるので、燃料が必要ありません。また、火力発電などは燃焼による汚染物が発生しますが、太陽光はエネルギーのみを発生させて不必要なものは生み出しません。非常にクリーンなエネルギーだといえます。 そして太陽光による発電の為、日射量さえ確保できれば場所の制限もありませんので日射量を確保できる場所であれば可能の為、建設場所も限定されることはありません。 エネルギー原料、環境、土地において導入がしやすい発電システムだといえます。

不審者の侵入

太陽光発電に侵入者!?と思われるかもしれませんが、太陽光発電所では盗難被害が多発しています。
それは、施設内のソーラーパネルや電線、金属などです。
電線などは銅が使用され転売目的で盗まれるようです。
「2015年に滋賀県の太陽光発電所建設工事現場で、送電用ケーブルがなくなっているのに、建設会社の従業員が気づき被害が発覚。窃盗容疑で捜査しているそうです。同署によると、盗まれたのは銅製の送電用ケーブル9本(延べ270メートル)で、被害額130万円。太陽光パネルに取り付けるため、設置場所付近の地面に置いていた。敷地の周囲は、高さ2メートルのフェンスが設けられていたが、車の出入り口など一部は開放されていた。」

上記の事件は侵入時に管理システムなどで状況が即座に知ることができれば防げた事件なのかもしれません。
太陽光発電所は近くに日照を遮る、山、ビル、樹木、電柱がないこと。
日影がないところが適しています。
土地があればよいというわけではないのです。
では太陽光発電に適した土地は限られてくるわけですから、常に人の往来があるような場所では障害物が多く適しません。
よって人通りが少ないような場所での設置になります。
十分な防犯対策がされていないようであれば、不審者も容易に侵入できます。
もちろん設備における防犯対策は講じられるのですが、見えない場所での警備は不安なものです。
自社で管理をしている場所に毎日社員を派遣して確認するのも手間と人件費がかかってしまいます。
そのような背景から防犯カメラが導入されるのです。

太陽光発電不具合確認

太陽光パネルはゴミや落ち葉、鳥のフンが落ちたり、動物等によって光が遮断されると、十分にエネルギーの蓄積ができなくなります。
毎日、社員を派遣して太陽光発電の不備を人的に確認するためには人件費がかかります。
その手間を省くために監視カメラを導入して、不具合を遠隔地から確認して、確認次第対処すれば無駄な派遣が減ってきます。
不具合は絶対ではありませんし、太陽光にとって影は障害になってしまいます。
自然現象によって障害が生じてしまう可能性が高いので遠隔からでもその原因が特定されていれば準備して現場で迅速な対処も可能になるのです。

おすすめのシステム

遠隔監視システム

太陽光パネル発電量の低下の原因である破損や、パネルの汚れ、陰を作ってしまう落ち葉や雑草は、細部までも確認が取れる高性能カメラにて管理を強化することができます。
また、高性能カメラでは、雑草の生え具合やフンなのか落ち葉なのかまで判断ができます。
遠隔監視カメラは、パソコン・スマホ・タブレットなどでどこにいても現場の状況が24時間監視することができます。
動体検知により不法侵入者を検知したり、現場の設備異常があればその信号を取り、管理者へ自動通報、自動メール送信も可能です。
遠隔カメラはタイプにもよりますが、高性能の機能を持つ高性能IPを使用すれば、PTZ機能(首振り・ズーム)により障害箇所が特定でき、太陽光パネルの破損も見逃しません。何より障害の早期発見につながります。
遠隔監視にはネットワークシステムが必要になります。
しかしながら、既存の太陽光発電施設にネットワークシステムを導入していない場合はどうしたらよいのか?
弊社では、防犯カメラ専用通信プラン(SIM)とスマートフォン対応のIPネットワークカメラを組み合わせた新サービスを提供しております。
インターネット回線が無くても現場に行かなくて防犯カメラの画像をスマホやパソコンから確認が簡単にできます。
現在、太陽光発電施設で防犯システム導入を検討の際は遠隔監視が可能なSIMプランIPカメラがおすすめです。



ネットワークカメラリンク



ツイッターリンクフェイスブックリンクGoogle+リンクはてなブックマーク


お客様のご事情やご予算により、商品の組合せや設置場所の都合などを踏まえて最適な防犯カメラシステムをご提案させていただきますので、お電話やFAXなどにてお気軽にご相談ください。

最新AHD監視カメラが組み合わせ自由に選べるセット


防犯カメラコラム一覧

防犯コラムや最新防犯カメラ情報・メルマガ会員様だけのお得なセール情報等を毎週配信!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください

 




ページトップへ





防犯カメラ・監視カメラ通販専門店アルコム
無料お見積り・ご提案。まずはお電話ください。0120-7970-83 受付時間:平日9:00〜18:00