佐賀県の「治安が悪化した」と思う人は80%以上!?

佐賀県の防犯情報

ここでは佐賀県の犯罪状況や防犯対策、助成制度や補助金制度による防犯カメラの設置の情報などの情報を随時配信していきます。

佐賀県は全国的に見ると犯罪が少なめの地域です。2003年に比べると現在は犯罪が減少していますが毎年減っているというわけではなく、犯罪認知件数が低かった1990年代前半に比べるとまだ多い状況にあります。当店では佐賀県を含め、全国各地に工事業者を配置し通信販売にて防犯カメラの販売から設置まで行なっております。

小さなことでも気になることがあれば、まずはお電話下さい!また佐賀県には防犯灯設置などの補助金制度等もありますので参考にしてみましょう。

全国防犯カメラお任せください! 防犯機器のご購入をお考えの方はこちら

【対応エリア】佐賀市・唐津市・武雄市・鹿島市・伊万里市・鳥栖市・嬉野市・神埼市・小城市・多久市・その他多数

佐賀県における刑法犯認知件数

2014年の佐賀県における刑法犯認知件数は全国の中で35位と全国的には少ないといえる地域です。また、検挙率も上がっているためより良くなっている傾向があります。今後ともより安全な町へしていくためには一人一人が防犯意識を持つことも大切です。

また、佐賀県では犯罪発生マップも配信しており地域ごとの犯罪発生がどうなっているのかを知ることができます。

都道府県データランキング

佐賀県の犯罪の起きにくい安全で安心なまちづくり条例

平成24年度の内閣府は佐賀県で「治安が悪化した」と思っている人は81.1%という発表をしました。その原因として地域社会の連帯感の希薄化や規範意識の低下だと考えています。そのため防犯に係る体制づくりや環境づくりがや条例が必要として、平成26年より佐賀県犯罪の起きにくい安全で安心なまちづくり条例を制定しました。

佐賀県防犯あんしん条例の取組み

佐賀県のアルコールが関与した自動車運転過失致死傷が急増

検察庁の佐賀県に関する調査で、アルコールが関与した過失運転致死傷はほぼ無い状態が続いていましたが、平成26年には合わせて36件へと被害が急増しています。自動車関連の事故に関しては、別の問題もあり高齢者による事故も増えています。

そこで必要となってくるのが事故当時の証拠です。例えばひき逃げ等の事件が起こったとき、交通事故にあったとき、当て逃げされたときなど、様々な場面で状況が的確にわからないということが考えられます。そこで必要になるものが防犯カメラの映像です。

最近ではテレビ等でも防犯カメラの映像が手がかりとなり、事件が解決したという話もよくあります。特にひき逃げ事件などでは早期解決が大切となります。仮に加害者がアルコールを飲んでいたとしても時間がたてば抜けてしまい、事故の原因もあやふやになりかねません。

こういったことを防ぐためにも、駐車場や道路などに夜間でも撮影できる赤外線カメラ運転中の動画を撮影することができる車載カメラ等の設置で現場の状況証拠となります。まずは事故を起こさない、巻き込まれないことが大切ですが、その後のトラブルを防止するということも大切です。

佐賀県における取り組み

佐賀県では、警察、行政と連携した地域防犯活動を通して県民の安全で安心な暮らしに貢献する企業や職域団体で構成する「佐賀県防犯サポートネットワーク」の会員を募集しています。佐賀県では窃盗犯が多くあり、それに対して地域全体で協力して取り組んでいくため、チラシやパンフレットなどを配布しています。

このネットワークは、防犯活動に取り組まれている企業に対する有意義な情報提供や警察・行政との連携を支援し、県民の防犯意識の高揚と防犯活動の促進を図ろうとするものです。

防犯安全サポート情報

防犯カメラカスタマイズセット

北海道・東北地方

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県

関東地方

栃木県 茨城県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県

中部地方

新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県

近畿地方

三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県

中国・四国地方

鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 高知県 徳島県

九州・沖縄

福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

些細なことでもお気軽にお問い合わせください

トップへ戻る