一般住宅ガレージの防犯カメラ導入事例

防犯システム導入提案事例集

お客様からの問い合わせ内容

一軒家のガレージに止めてある車に悪戯をされるとのことで、お客様よりお問い合わせをいただきました。
ガレージを通って庭に入れることもあり、不法侵入の形跡も見られるとのことでした。「監視カメラを設置することで、どこまで映像で人を認識できるのか分からない」という不安感をお持ちでしたので、先ずは敷地の広さやガレージの広さ、カメラを設置できる場所からの撮影範囲などをご案内しました。
次に実機を持って現地調査を行い、デモによる実際のカメラ映像の画質と、人相の確認まで行える範囲をご覧いただき、防犯カメラの映像は証拠になりうることを体感していただきました。
車への悪戯を監視・抑制するためにガレージに1台、庭への不法侵入を監視・抑制するために家の外壁に1台、裏口の監視を行うために1台と、計3台の屋外カメラを設置となりました。

カスタマイズ1~4台防犯カメラセット!最新高画質220万画素AHDカメラ

起こっていた問題

問題点1:ガレージ内の車に悪戯

夜中に車体を傷つけられている可能性が高い。

問題点2:門扉以外からも庭に入れる

庭への侵入経路が一つではないため、不法侵入のリスクが高まる。

問題点3:裏口は隣家が近いため、道路からの視線を受けない

これらのお客様からの情報を元に、アルコムが提案した防犯セキュリティ導入策

考えるべきポイント

(1).ガレージ全体を撮影

縦幅5m程の車であったため、ガレージ全体を撮影でき、且つ、人相確認が行えるようカメラを設置。また電源線は庭を介して、屋外電源に接続しました。

商品:RD-CA213 AHDカメラ220万画素バレット型赤外線搭載屋外カメラ×1台

(2).敷地内を広く撮影

2F部分の外壁にカメラを設置し、門扉やガレージ、庭と敷地全体をなるべく撮影できるようにしました。これにより庭への侵入経路の監視を強化できます。

商品:RD-CA213 AHDカメラ220万画素バレット型赤外線搭載屋外カメラ×1台

(3).裏口の監視

建物の裏口に周られると、環境によっては道路や歩道から死角になりやすいです。そのため敷地内の裏口の監視のため、外壁に1台設置することで、隣家から侵入される可能性も少なくなります。

商品:RD-CA213 AHDカメラ220万画素バレット型赤外線搭載屋外カメラ×1台

配置図

設置の結果

設置から2か月後、車に悪戯する犯人の撮影に成功したとのことです。門扉付近からガレージまで歩道を歩く姿が遠目に移っており、車のヘッドライト付近で不穏な動きをしている姿はガレージ内のカメラで撮影。そしてカメラの設置場所からも人相が確認できたため、警察に証拠映像を提供されたそうです。

お客様の声

ガレージにだけカメラ設置を考えていましたが、他2カ所の提案をしてもらいました。その結果犯人の行動の一部始終をバッチリ撮影できましたので、アルコムさんに相談をして本当に良かったです。

今回のケースに導入オススメ機器


一覧へ戻る次の事例へ

情報・関連ページ一覧

FAQ・よくある質問ページ
ご購入前からご購入後、製品に関してなどよくあるお問い合わせをご紹介しているページはこちら
防犯・監視カメラセット商品
防犯カメラセット商品はカメラ本体と、映像を保存するデジタルレコーダー、接続用のケーブル等の付属品がセットになり何を買えばいいかわからない方でも導入しやすいセットです。また、値段も単品ごとに買うよりもお安くなっております。
AHD220万画素監視カメラ一覧
コストパフォーマンスに優れた現在の主流となるAHD規格の防犯カメラです。AHDとはAnalog High Definitionの略で、アナログシステムでHD画質の監視が可能になる監視・防犯カメラシステムです。
IP220万画素監視カメラ一覧
IPネットワークカメラは、カメラ自体が個別にIPアドレスを持っていることが大きな特徴のカメラです。また、IPネットワークカメラはLANケーブルで映像をレコーダーまで送信するのでデータが劣化しにくく綺麗な映像を撮影できる事が特徴です。
お客様インタビュー
些細なことでもお気軽にお問い合わせください

トップへ戻る