防犯カメラ設置の流れ

設置までの流れ

防犯カメラを既に購入している場合などの主な設置の流れは下記になります。
1.カメラの動作確認 設置する前にまずはカメラ・レコーダー・モニターを接続して映像が映るかの事前確認をしましょう。
2.配管を確認
※屋外の場合のみ
配線保護用のPF菅にケーブルを通した状態で固定をして行きましょう。
3.カメラの固定 決めていたカメラの設置場所にカメラを設置します。すぐに完全固定するのではなくモニターを見ながら映像の位置が問題ないか調整してから固定しましょう。
おおよその流れはこのようになりますが、DIYとしてしっかり工事する場合はこちらにてご紹介しております。

設置の手順

ボックス型カメラの設置

1.設置場所の天井に穴を開け、配線ケーブルを通します

ドーム型カメラの設置

5.設置完了です。

バレット型カメラの設置

1.設置場所に印を付け、ネジ位置を決めます。

ブラケット型の設置

1.設置場所に印をつけ、ネジ位置を決めます。 些細なことでもお気軽にお問い合わせください