1. 防犯カメラ・監視カメラの専門販売店アルコム トップ
  2. 防犯カメラ コラム一覧
  3. 工場での食の安全を守る
  4. 防犯カメラで窃盗犯から工場を守る
安心の長期保証 5年間保証
提案から保守までまるごと安心お任せパック
安心保証、初めてのカメラなら防犯カメラセット
自由に組み合わせたいなら防犯カメラカスタマイズセット



防犯カメラリース契約のご提案
 初めての方へ  アルコム5つのポイント アルコム製品カタログ2015
アルコムスタッフ 防犯ブログ
防犯対策・お買い得情報 メールマガジン
防犯対策助成制度防犯カメラ設置費用の一部を助成する補助金制度の情報をまとめました。
販売パートナー企業様募集
設置場所別オススメ防犯カメラ
防犯まちづくり
マンションインターホン交換ならアイホン正規代理店のアルコムへお任せください。
防犯機器通販会社ではアルコムだけ! ISO27001認証取得
公益財団法人CIESFは、非営利で国際的な民間の教育支援団体です。
 株式会社アルコム 会社案内

関連サイトのご案内
Facebookページ
モバイルサイトへアクセス
アルコム携帯サイト
営業日のご案内
Calendar Loading
※電話対応、商品発送は平日のみとなります。
アルコムでのお買い物時に送受信される情報は、暗号化(SSL)機能で保護されています。

防犯カメラで窃盗犯から工場を守る

ツイッターリンクフェイスブックリンクGoogle+リンクはてなブックマーク
防犯カメラコラム工場_盗難防止のトップ画像
※画像はイメージです。
工場での盗難や備品損壊などのトラブル対策は万全でしょうか? このようなトラブルは多くの事業主様が抱える問題のひとつではないでしょうか?
工場では原料盗難、備品損壊などのトラブルが起こることがあり、時折ニュース等で金属配線の盗難事件などが取り上げられることがあります。 それらの解決策についてご紹介します。

窃盗犯はだれ?

工場における窃盗犯とはどのような人物なのでしょうか?考えられる4つのケースがあります。
1つ目は完全な外部の人間で窃盗のプロが狙うケース。
2つ目は元従業員による犯行で工場施設の状況を把握しているので外部の人間と比べ犯行が容易であり、会社への恨みなどが犯行動機であるケースが多くみられます。
3つ目は従業員よる犯行でこちらも施設の状況が把握できているので犯行に及びやすく、会社への不満などが原因としてよくみられます。
4つ目は出入り業者による犯罪でこちらも比較的施設内の状況を把握している中で犯行を行うケースがあります。

被害事例

工場での犯行事例をご紹介します。
・親子で勤務先の工場から銀粉を盗む
勤務先から銀を盗んだとして静岡県警は76歳と46歳の親子を窃盗容疑で逮捕した。
2人が約16年前から犯行を重ね、部品の原材料となる銀の粉計4・6トン(買い取り価格計約1億1000万円)を盗んでいた。

・愛知県の工場で青酸カリ盗難
愛知県碧南市の自動車部品製造工場のとある事務所が荒らされ、劇薬に指定されている青酸カリや現金約36万円などの入った金庫が盗まれた。金庫は事務所床に置いてあり、約100キロ。入り口の施錠していないシャッターが開けられ、窓ガラスが割られていた。

盗難品の種類

では工場での盗難にはどのようなものがあるのでしょうか
工場での盗難品の種類には次のようなものがあります。
・工場で扱う資材、原料、薬品製品
金属配線などの資材は転売しやすいこともあり盗難に合う可能性が高く、薬品は種類によっては高値で取り引きされため盗難の対象になるようです。
・業務中に使用する備品、パソコン、電子機器
パソコンや、専門的な検査機器などは高価なものが多く高値で転売されるようです。
・会社の機密情報
パソコン等には個人情報や開発中の製品情報など社外秘情報が大量に保存されている可能性があり、それらを狙う窃盗犯もいます。パソコンが盗難に合うと情報漏洩にもつながります。
・社員の貴重品
ロッカーなどに保管している従業員の財布などの貴重品等なども盗難に合う可能性があります。

盗難はいつ起こる?

外部からの侵入者の場合、夜間や工場の長期休業時に狙うことが多いとされていますが、 犯人が社内の人間である場合は時間的な傾向はなくいつでも起こる可能性があります。

工場での盗難はなぜ起こるのか?

工場での盗難が起こる理由としてどのようなことが考えられるでしょうか?
犯人にとって魅力的なモノや情報があったり、個人的な恨みのためという理由が考えられますが、そもそも窃盗犯は窃盗しやすい場所を選ぶ傾向にあります。
どんなに魅力的で高価なモノがあったとしてもそこが厳重なセキュリティで守られているところであれば初めから侵入することを諦めてします。
つまり通常、工場を狙う窃盗犯は狙われる工場にセキュリティ上、問題があるということを調査した上で侵入しているということが考えられ、そのため大事なモノや情報が盗難に合うリスクを高めているのです。

窃盗犯から工場を守るには

工場の資材や情報資産、従業員の個人的な貴重品等を窃盗犯から守るためにはどのような対策をとればよいのでしょうか? 最初の条件として工場敷地内に不審者が侵入できないようにする必要があります。
そのためには、塀やフェンスなどで領域を明確にして不審者接近を制御する侵入者にとっての物理的な障害物が必要です。
そして不審者の侵入防止のためには赤外線センサーなどの侵入検知センサーを設置し検知するとすぐにセキュリティ管理者に通報され、サイレンなどの威嚇を行うシステムが必要です。
次に広い敷地の場合、死角をなくすために必要な数の防犯カメラを設置し、その映像を集中監視する必要があります。録画データがあれば侵入者を取り逃がしても映像証拠として事件解決につなげることができます。
防犯カメラは施設内への入館の際、顔認証機能などの入出管理システムとして導入することが可能なため不審者の侵入抑止、防止にもつながります。

オススメの機器


ズームしても鮮明!高画質220万画素AHDカメラ

広角レンズタイプを使用すると広い範囲の撮影が可能です。しかもズーム機能を使用すれば人相確認や従業員の手元まではっきりと確認でき、異物混入や衛生管理対策として使用できます。


人間を感知し自動点灯するセンサーライト

範囲内で動く人がいると点灯するため気づきやすくしっかり周囲の目が集まることで犯罪行為の抑止効果が期待できます。製品内容にもよりますが点灯時間の調整も可能です。



ツイッターリンクフェイスブックリンクGoogle+リンクはてなブックマーク


お客様のご事情やご予算により、商品の組合せや設置場所の都合などを踏まえて最適な防犯カメラシステムをご提案させていただきますので、お電話やFAXなどにてお気軽にご相談ください。



最新AHD監視カメラが組み合わせ自由に選べるセット


防犯カメラコラム一覧

防犯コラムや最新防犯カメラ情報・メルマガ会員様だけのお得なセール情報等を毎週配信!
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください

 




ページトップへ





防犯カメラ・監視カメラ通販専門店アルコム
無料お見積り・ご提案。まずはお電話ください。0120-7970-83 受付時間:平日9:00〜18:00