誰でも簡単にわかる!防犯カメラ講座

設置環境や目的に合った、適切な防犯カメラをお選びいただくためのマニュアルです。初心者の方も、もう一度防犯カメラの知識を再確認したい方も、ぜひお役立てください。

初心者マーク

防犯カメラ講座目次

防犯カメラ、監視カメラ選びのポイント

・カメラの設置場所

・設置地区に注意

・カメラの画素数

・夜間監視について

・レンズについて

・撮影距離について

・照度(明るさ)について

システム導入で必要なもの

・映像のみ:カメラの録画は必要ない場合

・映像を録画したい場合

・インターネットで映像を閲覧したい場合

カメラの接続方法 (別ページへ)

カメラ使用に関するよくある質問 (別ページへ)

防犯カメラ・監視カメラ選びのポイント

カメラの設置場所

屋内に設置する 屋内設置

屋内、屋外どちらのタイプも設置できます。目立たないドーム型やボックス型など種類も多いので、被写体までの距離や暗闇での撮影有無などから合った カメラを選択してください。

>>屋内カメラ一覧はこちら

軒下などに設置する 雨のかからな場所に設置

雨などに直接触れない軒下などについては「屋外防滴」タイプがおすすめです。直接雨が吹き込んでくる可能性がある場所には「屋外防雨」タイプのカメラをお選びください。

>>屋外防滴用カメラ一覧はこちら

屋外に設置する 屋外設置

雨などに直接濡れても大丈夫なカメラを選ぶ必要があります。「屋外防雨」タイプで、天井面に設置するのか、壁面に設置するのかなど、設置場所をふまえてお選びください。

>>屋外用カメラ一覧はこちら

東日本地区でのご利用に際しての注意点!

東日本地区での注意点
日本では西日本と東日本で電気の周波数が異なるため、東日本でインバーター内蔵の照明器具をご利用でない場合は、防犯カメラの映像にちらつきが出てしまいます。これを抑止するのがフリッカレス機能です。東日本でのご利用の際は、フリッカレス機能搭載の防犯カメラをお選び下さい。

カメラの画素数

カメラの画素数
大型テレビでも映像がキレイ!

一般的な防犯カメラの画質(52万画素)では30インチ以上の大型テレビでは、映像の劣化が目立ちましたが、130万画素になったことにより、ストレスのない映像で監視できるようになり、220万画素では更に鮮明な映像でご覧になれます。

※赤い枠の部分を拡大してみると、画素数による違いが明確に!

>>最新220万画素防犯カメラ一覧はこちら

夜間監視について

暗視では、カメラの感度を高め、わずかな明かりを利用して暗視を行うタイプ(高感度暗視タイプ)と、赤外線(人間の目では認識できない光)を照射して撮影を行うタイプ(赤外線暗視タイプ)が、主に使用されます。広範囲の暗所を撮影する場合は前者、屋内の一室やポイントを特定した撮影を行う場合は後者が使用されます。それは、これら防犯カメラに次のような特性があるためです。

高感度暗視タイプ 赤外線暗視タイプ

月明かりなどを光源として暗所の撮影を行うので、その光の届く範囲を広く撮影できます。撮影に光源が必要なため、完全な暗所(消灯された建物内など)では撮影ができません。

>>暗視機能付の防犯カメラ一覧

赤外線暗視タイプ 高感度暗視タイプ

防犯カメラ前面から照射される光で暗所をスポット的に撮影します。 完全な暗所(消灯された建物内など)でも撮影は可能ですが、広範囲の撮影では光が行き届かず十分な撮影ができません。赤外線光を肉眼で見る事は出来ませんが、赤外線照射部は、肉眼でこのように赤い点に見えます。

夜間、真正面から見るとこのように赤い点が見えますが、ライトのように発光しているわけではない為、ちょっと角度が変わると赤い点は見え難くなり、ライトのように目立つものではありません。

柔軟に対応できるバリフォーカルレンズ

レンズには焦点距離(f=6mm などと記載されています)というものがあり、この長短で視野角が変動します。一般的な防犯カメラの焦点距離はおよそ4~6mmで、それ以下になれば広角に、それ以上であれば望遠になっていきます。

ズームレンズに似た可変焦点距離のレンズで、バリフォーカルレンズは、1本でもっとも使用頻度の高い画角をカバーする変倍レンズです。焦点距離を変えることで撮影範囲の調整ができるため、カメラを移動させたり、レンズを交換する必要がありません。

撮影サンプル画像:自販機まで約4m/物置まで約6m/駐車場の車まで約20m

デジタルカメラ撮影

撮影距離からカメラを選ぶ!

夜間の監視には暗視カメラや赤外線照射器を搭載した防犯カメラが使用されますが、通常の防犯カメラの撮影範囲を照らすようにセンサーライトを設置するケースもございます。赤外線センサーの反応距離と撮影範囲の兼ね合いもございますが、防犯カメラの撮影範囲が5m前後であれば効果的な組み合わせです。

カメラをクリックすると詳細ページへ カメラをクリックすると詳細ページへ カメラをクリックすると詳細ページへ 被写体までの撮影距離

照度について!

カメラのスペック表に「最低照度」、「被写体最低照度」といった数値が出ています。これは「~Lux」と記載され、撮影にどれだけの光量が必要かを表しています。例えば、人間の目は1.0Luxほどの光量があれば見えると言われていますが、どの程度のLuxがどの程度の光量を表すのかは次の通りです。

照度イメージ
100,000Lux 真夏の晴天時 10,000Lux 晴天時
5,000Lux 曇りの日の屋外 1,000Lux デパート内
500Lux 事務所や会議室 100Lux ホテルのロビー
50Lux 屋内非常階段 10Lux 地下駐車場
1Lux 夜の街灯周辺 0.3Lux 月明かり

システム導入で必要なもの

ポイント1 映像のみの録画が必要ない場合
必要な物
防犯カメラ モニター
専用ケーブル ACアダプター
※AHDカメラの場合、アナログモードに切り替える必要があります。
ポイント2

1ケーブルタイプの場合

電源重畳
必要な物
防犯カメラ モニター
電源ユニット レコーダー
同軸ケーブル 電源アダプター

2ケーブルタイプの場合

電源別送
必要な物
防犯カメラ モニター
レコーダー 同軸ケーブル
電源アダプター
ポイント3 インターネットで映像を閲覧したい場合
必要な物
防犯カメラ パソコン
レコーダー 同軸ケーブル
電源アダプター ルーター
些細なことでもお気軽にお問い合わせください

トップへ戻る