監視カメラで院内のセキュリティを強化

ツイッターリンクフェイスブックリンクGoogle+リンクはてなブックマーク
防犯カメラコラム医院のトップ画像

病院は、体調不良や怪我をした人など多く訪れる場所です。不特定多数の人たちが常に出入りする場所なので、防犯を強化するべき場所だといえます。

いかなる人間でも怪我や病気になる可能性はあるので特定された人以外も利用する病院は事件なども起きやすくなります。不特定多数の人間が利用する病院は防犯の為、職員が注意深く周りの人々の様子を観察することが重要だといえます。小さな個人の診療所などなら可能かもしれませんが、大規模な病院となると職員の監視だけでは不十分だといえます。よってそのような環境だからこそ、防犯カメラが非常に必要な存在となってくるのです。防犯カメラは、複数の場所を監視モニターを通して一個所で監視することが可能となります。不審な点があれば、映像を拡大したりすることが可能ですし、録画をすることによって、必要な証拠をそろえる可能性も高くなります。問題点として防犯カメラを導入することで、個人のプライバシーが侵害されると懸念する方もいらっしゃいます。しかしながら、不特定多数の人が集まるような場所では、防犯カメラの特性を借りることも必要になってくるのは仕方がないことだともいえます。高齢者や怪我をした人、たくさんの点滴を付けている方は、被害にあっても犯人を追いかけて捕まえることができません。そのような環境だからこそ、防犯カメラが必要不可欠になっているのです。病院内では、面会にくる人数も多いので、そのような人の中から、悪意を持った人間を特定するのは、事実上は不可能だといえます。よって病院では防犯カメラが導入されるのです。

主な事例と解決方法の提案

タイトル

個人情報の流出

セキュリティシステム導入で情報流出を防ぐ

病院において、個人情報の流失を未然に防ぐことは大きな課題です。マイナンバー制度の導入により個人情報保護における認識もさらに高くなってきております。監視カメラシステム導入による解決法をご紹介します

個人情報
タイトル

侵入窃盗

病院内での侵入窃盗対策

病院では不特定多数の人が昼夜問わず出入りします。そのため窃盗があった場合特定が困難である可能性があります。防犯カメラを設置することで入出管理が行え、犯罪抑止につながりますし、万が一犯罪が起こった場合でも記録映像をもとに犯人を特定することも可能です。

侵入窃盗
タイトル

置き引き

警備員配置以上の効果を

病院という老若男女、不特定な人間の行き来がある場所だと、様々な人間の出入りがあります。 特に、ご年配の来院者が多い病院では置き引き事件の対策が必要だと考えられます。 なぜなら、病院の待合室では置き引きなどの事件が発生しているからです。病院内で起きた事件は病院側に関係ないとはいえ、全く知らないでは病院側のイメージも悪くなってしまいます。 そんな時にカメラがあれば、事件解決の糸口にも繋がり、社会貢献にもなるのではないでしょうか。

遠隔監視

【まとめ】

現在、防犯カメラ導入の問い合わせで一番件数が多いのは病院関係の方です。

背景として、個人情報流失事件、マイナンバー制度など情報における防犯が必要だと広く認識されたからだと感じております。近年、電子カルテなどの院内情報の電子化により、外部とのやり取りが容易になり、迅速な医療が提供することが可能になりました。今までは紙媒体で保存していた個人情報は様々なメディアで記録可能になりましたが、同時に弊害も発生しました。 その一つとして院外への情報流失という問題です。取り扱う情報は患者の個人情報が大半を占め病歴など個人情報レベルが非常に高いものです。個人情報のレベルが高いからこそ問題が起きた時は迅速な対応が求められます。 病院は患者の安全を守るのが責務だといえるでしょう。自分の身に病気を患っている方が多くいる現場の為、もちろん防犯の意識は高くないと安心した医療が提供できないといえます。 だからこそ、防犯カメラを設置して未然に防ぐための対策、問題が起きた際に対処できるツールとして防犯カメラが導入されるのです。 病院は、個人情報が溢れている現場です。他人に知られたくない情報も多く管理されています。だからこそ、情報流失しないための対策が必要となっているのです。 職員が常に目を見張って、不審な人物、問題が起きそうな個所を点検できればいいのですが、業務が忙しい中そこまで目が行き届かないのが現状です。 その人間の行き届かないところを24時間365日稼働しつづける防犯カメラが便利に感じませんでしょうか?起きる前の対策、起きた後の確認。病院に来院される全ての安心・安全を守る為、防犯カメラの導入を一度お考えください。
機器の通販はこちら お見積りはこちら
ツイッターリンクフェイスブックリンクGoogle+リンクはてなブックマーク
防犯カメラ業界サポートNo.1 些細なことでもお気軽にお問い合わせください!

トップへ戻る