防犯カメラの夜間撮影について

ツイッターリンクフェイスブックリンクGoogle+リンクはてなブックマーク
夜間撮影イメージ

防犯カメラは基本的に24時間撮影を行うものになりますので、昼間だけではなく夜間の撮影についても比較検討し購入を決定するべきです。利用する環境に合わせ、どのような防犯カメラが適しているのか考えましょう。

タイトル

防犯カメラでの夜間撮影

室外に設置するタイプの防犯カメラであれば、夜間の撮影は非常に重要ですよね。昼間よりも夜間の撮影を重視したいと考えている人も多いでしょう。夜間の撮影と言っても、マンションのエントランスと一軒家の玄関先、駐車場では環境が異なりますよね

防犯カメラの夜間撮影では、どのようなところに注視してカメラを選択するべきなのでしょうか。 マンションのエントランス部分など夜間でも比較的明るい、照明のあるような場所では赤外線撮影がついていないものを利用しても撮影は可能であると言われています。照明があるのであれば、夜間であっても昼間とそれほど変わらないためです。もちろん日光による明るさがなくなる分映像は鮮明とは言えなくなりますので、夜間対応のものの方が性能は良いと言えます。

玄関先などでは、やはり光が少ないですから赤外線撮影が求められます。これにより夜間もしっかりと映像を確認できるように撮影することが出来るためです。現在では、夜間でもカラーで撮影できる高性能のものも多く、駐車場などで用いられることが多くなっています。
タイトル

赤外線撮影とは?

防犯カメラの赤外線撮影とは、どういったないようなのでしょう。赤外線撮影とは、夜間に赤外線を利用して撮影するものです。暗い場所をカメラで撮影しようと思うと分かりやすいですが、目で見るよりもカメラを通してみた方が、暗さを感じますよね。赤外線撮影でなければ、防犯カメラに記録できるのは暗闇です。

赤外線撮影とは、人間には見ることの出来ない光でライトアップすることによって撮影するというものです。人間の目では確認できませんので、撮影されている際には光を全く感じませんが、映像として確認すると、ライトアップされ夜間でも綺麗に映像を確認することが出来るようになっています。

赤外線撮影の意味は、赤外線でライトアップして撮影することだと考えると分かりやすいかもしれません。赤外線は目に見えないため、近隣の迷惑になることもありませんので安心して利用出来ます。 また、赤外線のような目に見えない光というと不安に感じる方もいるかもしれませんが人体に影響はないものですので、これも同様に安心してください。

タイトル

夜間対応と非対応の違い

夜間対応と非対応の違いは、赤外線撮影に対応できているのか出来ていないのかの違いです。メーカーの製品の中には赤外線ではなく、LEDを点灯させて撮影したり防犯灯によって人に反応しライトアップして撮影するというものがあります。

現在販売されている防犯カメラのほとんどは夜間対応のものになっていますので、夜間対応の中でも、どのような仕組みで夜間にも撮影されるカメラなのかを確認して購入するようにしてください。

例えば赤外線による夜間対応の場合は、どのような場所にも適していますが、防犯灯のようなものでは、人通りの多い場所では近隣の方に迷惑なってしまう可能性も大きいです。

しかし、逆に広い駐車場などの入り口では防犯灯が付くことによって不審者がいないか確認できるなどメリットもあります。

用途に合わせて選ぶようにしましょう。

また、数は少ないですが夜間非対応の防犯カメラもあります。多くは室内用ですが、室内からベランダを撮影しているような場合では、夜間は撮影が上手に出来ていなかったというようなケースもありますので、注意して防犯カメラの機能をチェックしてください。

タイトル

防犯灯をつけた防犯カメラ

防犯灯をつけた防犯カメラは使い方によって非常に便利になったり、近隣の住民への迷惑になったりすることもあります。防犯灯とはその名の通り、街頭です。夜に出入り口などを照らしておくことによって不審者の侵入を防ぐというものです。防犯灯をつけた防犯カメラでは防犯灯の光によって夜間の撮影を行っています。

常に灯りがついたままのものや、人感センサーによって灯りが付くものがあり、街灯の役割にもなると比較的周囲の暗い状況の場所で好まれます。

逆に住宅街や商店街など、比較的明るかったり人通りの多い場所では、人感センサーが常に反応している状態になるなど迷惑になってしまう可能性もあります。

防犯灯のついた防犯カメラは、周囲に状況を知らせると言う点からは、防犯効果が高いと評価されていますので、防犯カメラと一緒になっているのはうれしいですね。

防犯カメラの夜間撮影は、昼間の撮影よりも重視する方が多いほど重要なものです。防犯カメラを購入する際に、夜間に撮影した場合の映像を確認するのがおすすめです。夜間の撮影した映像は昼間に撮影した防犯カメラの映像とは大きく異なる場合も多い為です。

夜間といっても様々な場所が想定されますので、使用場所に合わせて防犯カメラは選びましょう。

【関連記事】

>>ピカっと光り、不審者撃退

>>夜間でもカラー撮影!カラー暗視カメラがもたらす新しい活用方法

>>暗闇でも安心! 不審者を撃退する赤外線カメラの威力

機器の通販はこちら お見積りはこちら
ツイッターリンクフェイスブックリンクGoogle+リンクはてなブックマーク

お客様のご事情やご予算により、商品の組合せや設置場所の都合などを踏まえて最適な防犯カメラシステムをご提案させていただきますので、お電話やFAXなどにてお気軽にご相談ください。

防犯カメラコラム一覧
家庭用 店舗 駐車場 オリンピック
工場 自治体 マンション 医院
寺院神社 インターフォン 農業

防犯コラムや最新防犯カメラ情報・メルマガ会員様だけのお得なセール情報等を毎週配信!

メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください (必須)


商品カテゴリー
IP220万画素カメラ ドーム型カメラ デジタルレコーダー コネクター
220万画素カメラ ワンケーブルカメラ モニター 防犯アラーム
防犯カメラセット ネットワークカメラ ダミーカメラ センサーライト
屋外用カメラ ワイヤレスカメラ ハウジング 防犯ステッカー
屋内用カメラ Panasonic ブラケット その他周辺機器
夜間撮影カメラ HITACHI ケーブル TOPぺージ

トップへ戻る