ナイトビジョンカメラの仕組みと映像

ナイトビジョンカメラ

ナイトビジョンカメラとは、暗闇でも映像を撮影することができ、夜間や光の無いような場所でも使用することができる防犯カメラ、監視カメラです。別の言い方としてIRカメラ (IR=infrared)や赤外線カメラ、暗視カメラとも呼ばれることもあります。夜間侵入されそうな学校や工事現場、駐車場などといった場所で効果を発揮します。

ページ内目次

・当店オススメのナイトビジョンカメラ

・暗闇で映る仕組みについて

 - 赤外線が夜でも映る理由

 - 相場について

 - カメラ映像の録画について

 - 夜間や暗闇での撮影について

・ナイトビジョンカメラの設置例

当店オススメナイトビジョンカメラ

暗闇で映る仕組み(赤外線)について

赤外線が夜でも映る理由

赤外線とは一般的な光と違い、人の目では見ることのできない光となっています。しかし実際には人間には見えない光と言うだけで、光としての働きを果たしています。また防犯カメラは赤外線を捉えるほど感度が高いため、赤外線暗視カメラは見えない光で照らしながら映像に残すことができるといった仕組みになっています。

そのため、現在では防犯対策として使用されるだけではなく、自然界の動物の観察や研究にも用いられています。

赤外線機能


相場について

防犯カメラのタイプによって異なりますが当店の取り扱う赤外線機能付きのナイトビジョンカメラでは13,000円~45,800円程度のものまで取り扱っております。


カメラ映像の録画について

防犯カメラの映像を録画するためには専用の録画機が必要となります。ナイトビジョンカメラであるからといって特別な録画機や専用機器は必要有りません。

ただし、防犯カメラのタイプによって対応している録画機は違ってくるので購入される場合は注意が必要です。

また、一部の商品に関してはマイクロSDカードに録画できる製品もあります。

マイクロSDカード対応商品例

※一部の商品に限ります。


夜間や暗闇での撮影について

ナイトビジョンカメラは特に夜間の撮影で効果を発揮します。屋外に対応したタイプが多く様々なシーンで活躍することができます。

ただしナイトビジョンカメラはあくまで光を発しているので障害物などがあれば光を通すことができません。

ナイトビジョンカメラの設置例

一般的には防犯対策として用いることがほとんどですが、使用者の目的や用途に応じて様々な場所で活躍することができます。たとえば、24時間経営しているパーキング等、夜間に車上荒らし等に狙われる危険性があるため、赤外線機能付きのナイトビジョンカメラを設置することをオススメします。

ナイトビジョンカメラで夜間に駐車場を撮影した映像はこちら↓

学校、工事現場などの夜間監視に

学校や工事現場など、一般人が侵入しやすい場所には特に注意が必要です。

学校では窓ガラスが割られる事件や、工事現場では盗難や放火などの事例もあるため防犯対策を行ないましょう。

工事現場

工事現場

転売目的として金属類の窃盗被害が増加しています。特に人目につかない夜間の犯行が多いようです。

工事現場

学校

学校では様々な問題があり、侵入者による破壊行為やイタズラなど、また犬の散歩などによる糞の後始末の問題などもあります。

屋外対応の夜間撮影対応カメラはこちら

オフィスや事務所内、店舗等の暗闇の盗難防止に

オフィスや店舗などの侵入者や従業員にも注意が必要です。

特にオフィスや事務所、店舗など退社後や閉店後に関しては、従業員であれば暗闇でも徘徊できる可能性もあります。

もし、盗難などが起きてしまえば、カギを持った管理者の方が一番に疑われるかもしれません。

そのためにもしっかりとした防犯対策で安心感と信頼ある職場にしましょう。

事務所・オフィス

事務所・オフィス

ロッカールームや金庫など、従業員や身内による盗難の可能性があります。わざと電気を消して暗闇で盗難を行なうといった事例もありました。赤外線暗視カメラであれば暗闇でもしっかりと映像を記録することができます。

店舗

店舗

店舗では盗難被害などの事例が発生しています。夜間は特に侵入窃盗の被害に遭いやすく、従業員が疑われてしまうこともあります。安心できる環境にするために夜間にもしっかりとした防犯対策を行ないましょう。

屋内用の夜間撮影対応カメラはこちら

夜間で自然動物の観察や研究に

ナイトビジョンカメラにも様々な使い道があり、夜間の動物の生態の研究や観察などにカメラを使用するといった事例があります。また、一部の動物園や水族館などはカメラを使用することでホームページなどからリアルタイムのライブ映像で動物たちの姿を見れるサービスを行なっている所もあります。

もちろん観察だけの目的ではなく、動物たちに異常や異変などが起きないための管理としての役割も果たしています。

動物の観察・研究

自然界における動物の生態には知られていないことが多く、それらを研究するために夜間撮影が行なわれていることがあります。また、動物たちの体調管理にも役立てています。昼間でも同じように監視は可能なのでイタズラ防止などにも効果を発揮します。


赤外線カラー暗視カメラ 夜間でもカラー撮影可能の暗視カメラはこちら 通常のナイトビジョンカメラの商品一覧はこちら 些細なことでもお気軽にお問い合わせください

トップへ戻る