子どもの留守番見守りカメラ

ツイッターリンクフェイスブックリンクGoogle+リンクはてなブックマーク
子ども

出来る限り子どものみでの留守番はさせたくないと思っていても、子どもだけで留守番になる時間帯が出来てしまう家庭も多いのではないでしょうか。学校から子どもが帰宅する時間と、自分自身が帰宅する時間が合わなかったりすることはもちろん、長期休暇では1日子どもだけで過ごす場合もあるでしょう。子どもの様子が気になって仕事が手につかないという方もいるはずです。そのような場合には自宅用の防犯カメラが有効的です。

タイトル

子どもだけの留守番はいつから?

子どもだけの留守番はいつから行うことが出来るでしょうか。

それは留守番する子の年齢だけではなく、その子の性格や住んでいる場所によっても変動するでしょう。一概に何歳から留守番をさせてもいいという決まりはありませんし、何歳まで留守番をさせてはいけないという決まりもありません。

子どもだけでの留守番をさせるかどうかを決定するのは保護者の役目です。

一般的には小学校就学後から1人で留守番させるようになることが多いようですが、安心して留守番をさせているかというと不安に感じている方の方が、安心している方の数よりも多いというデータがあります。

ルールを守ることの出来る年齢であれば、留守番の際のルールも守れることになりますので1人で留守番が可能になると考えられています。出先で家の様子が確認できるのであれば、安心することが出来ますよね。

タイトル

留守番で気を付けなければならないこと

子どもだけの留守番で気を付けなければならないことというのはたくさんあります。勝手に玄関を開けない事はもちろん、火の事故や水の事故には注意が必要になります。

子どもだけの留守番では怪我や事件がどうしても心配になってしまいますよね。留守番をする際の約束をしている場合であっても、地震が起こる可能性や台風によって被害を受ける可能性もあります。

このような大人でも動揺するような出来事があった場合の対処方法を話し合っておくことはもちろん大切です。ちょっとした留守番と思っていても、事件や事故はそのちょっとした時間に起こることが多いためです。火事や水害、地震や台風、停電になってしまった場合に、すぐに連絡が取れないと心配になってしまいますよね。

スマホと連動している防犯カメラの場合は、リアルタイムで状況を知ることが出来ますし、電話やメールよりも防犯カメラの映像の方が繋がりやすくなると考えられています。

タイトル

子どもの留守番をしっかりと見守り監視

子どもだけでの留守番にはしっかりとした監視が必要です。

監視と言うと、自由や信頼がないようなイメージになりますが、決してそういうわけではありません。家庭用防犯カメラを利用することによって、リアルタイムで自宅を確認することが出来るものを利用するのがいいでしょう。個人でもかんたんに扱える見守りネットワークカメラがおすすめです。緊急時に自宅を確認することが出来るということは、子供を保護する立場の人間からすれば非常にうれしいものになります。監視とは言うものの、四六時中行動をチェックするわけではなく、時間によって子どもの様子を確認したり、有事の際に子どもの様子を確認するために使うことが出来ます。約束の時間通り、家に帰宅しているのかの確認にも有効的です。

子どもにスマホを持たせるのとは違い、電話に気が付かない場合などでも確認することが出来るので安心することが出来ます。自宅に子どもがいるかどうか確認することが出来るだけでも安心することは出来ますし、自宅内に設置すれば、子どもの様子を確認することが出来ますので、子どもが小さいうちにはリビング等に設置することも多いようです。

タイトル

子どもの留守番の防犯対策

子どもの留守番の防犯対策として家庭用防犯カメラは非常に有効的なものであると言えます。家庭用防犯カメラを玄関に設置することで、子どもが帰宅しているかどうか、周囲に不審な人物はいないかどうかも確認することが出来ます。

また、自宅内の部屋に設置することで、家の内外の危険から監視することも可能です。 留守番のルールを決め、子ども自身にも防犯の意識を強く持ってもらうことが大切です。留守番時に犯罪に巻き込まれるケースでは、お客を装って室内に上り込むというものが多いですので、玄関に防犯カメラを設置することで犯罪の抑止効果も期待できます。

子どもの留守番の防犯対策としての防犯カメラは、室内で利用することも屋外で利用することも考えられますが、これはお子さんの年齢や性格に合わせて行うべきものです。

子どものみの留守番に備えて家庭用に防犯カメラを設置している家庭は増えています。一昔前までは防犯カメラのある住宅は珍しく、防犯カメラを設置していることにより、財産を狙った犯罪が増えるのではないかと懸念されていたこともありますが、現在では家庭用防犯カメラの普及や、防犯へ対する意識の変化によって、防犯レベルの高い住宅であるため犯罪が起こりにくいと言われています。子どもの留守番を主な利用にするのであれば、リアルタイムで映像が確認できるモデルがおすすめです。

【関連記事】

>>子どもの留守番について

>>通学路の防犯カメラで子どもを守る

>>赤ちゃんの安全対策に見守りカメラ

>>遠くから園児の様子を見守れるネットワークカメラ

機器の通販はこちら お見積りはこちら
ツイッターリンクフェイスブックリンクGoogle+リンクはてなブックマーク

お客様のご事情やご予算により、商品の組合せや設置場所の都合などを踏まえて最適な防犯カメラシステムをご提案させていただきますので、お電話やFAXなどにてお気軽にご相談ください。

防犯カメラコラム一覧
家庭用 店舗 駐車場 オリンピック
工場 自治体 マンション 医院
寺院神社 インターフォン 農業

防犯コラムや最新防犯カメラ情報・メルマガ会員様だけのお得なセール情報等を毎週配信!

メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください (必須)


商品カテゴリー
IP220万画素カメラ ドーム型カメラ デジタルレコーダー コネクター
220万画素カメラ ワンケーブルカメラ モニター 防犯アラーム
防犯カメラセット ネットワークカメラ ダミーカメラ センサーライト
屋外用カメラ ワイヤレスカメラ ハウジング 防犯ステッカー
屋内用カメラ Panasonic ブラケット その他周辺機器
夜間撮影カメラ HITACHI ケーブル TOPぺージ

トップへ戻る