ワンケーブル防犯カメラと通常の防犯カメラの違い

防犯カメラケーブルの違い

当店で取り扱っている防犯カメラの配線のタイプは、大きく分けて2種類ございます。電源と映像を別の配線でやり取りする2ケーブルタイプと、1本のケーブルでその両方をやり取りするワンケーブルタイプです。このページではこれら2種類のタイプについて、それぞれ特徴を説明いたします。既存システムからの入れ替えの場合、既存システムがどちらかによって、機器構成が異なる為、まずは、既存システムの構成をご確認ください。
※ご不明な場合はお電話でお気軽にお問い合わせください。

防犯カメラケーブルの違い

表でわかる!1ケーブル、2ケーブルの違い

価格 配線 カメラの種類 ケーブル本数
ワンケーブル 高価格 シンプル 少ない 1本
ツーケーブル 低価格 複雑 多様 2本

1ケーブル、2ケーブルの違い

通常の防犯カメラ(2ケーブルタイプ)

防犯カメラへ電源を供給する役割と映像伝送を行う役割を別々のケーブルで行う機器です。一般家庭、オフィス、店舗など、様々な場所で使用されております。

主なメリットは、「機器コストを抑えて導入でき、相性に左右されず幅広い機器を接続できる」ということです。デメリットは、電源と映像のケーブルを別々で配線する必要がある為、配線の工数増加と機器周辺にケーブルが多くなることで、周辺が煩雑になってしまうことです。

※ワンケーブルタイプの場合、適合した電源装置がカメラの他に必要です。

防犯カメラケーブルの違い

ワンケーブルタイプの防犯カメラ

防犯カメラへ電源を供給する役割と映像伝送を行う役割を1本の同軸ケーブルで行う機器です。マンションや工場、ビルなど、配線距離が長い案件でよく使用されます。

主なメリットは、1本の同軸ケーブルで配線が可能な為、配線周りが非常にスッキリします。デメリットは「カメラ、レコーダーの他に電源装置が必要な為、機器コストがあがってしまう」という点ですが、マンション、工場、ビルなど配線距離が長い案件の場合、機器代金と工事代金を合算した場合にトータル的には、安価に抑えることができる。という場合もございます。

ワンケーブルタイプの防犯カメラ

2ケーブルタイプの場合

防犯カメラ接続イメージ

1ケーブルタイプの場合

ワンケーブル防犯カメラの接続イメージ図

1ケーブルにすることで変わること

マンションやビルにカメラを付ける際に通常のカメラ時の半数のケーブルで工事が行えます。

右図の例の場合、通常18本必要ですが、1ケーブルカメラだと9本で運用可能に!

逆に、一軒家や一室だけの場合はあまり1ケーブルのメリットを活用できません。

防犯カメラケーブルの違い

さらに工事費用や施工時間も短縮!

防犯カメラケーブルの違い

一部該当商品のご紹介

2ケーブルタイプの防犯カメラ

バレット型1台防犯カメラセットSET693 220万画素屋外バレット型防犯セット

1ケーブルタイプの防犯カメラ

ワンケーブルバレット型防犯カメラセットSET722 220万画素ワンケーブル防犯カメラセット
ワンケーブルカメラ一覧はこちら 些細なことでもお気軽にお問い合わせください

トップへ戻る