50m以上の配線(防犯カメラケーブル)について、作り方

お手軽防犯対策!防犯用品の使い方!

当店では10m、20m、30m、40m、50mを販売しております。それ以上のケーブルが必要な場合、制作する必要がございます。このページではそのケーブルの作り方をご紹介します。

必要なもの

カッターナイフ
ニッパー
定規

配線ケーブルの作り方:動画

配線ケーブルの作り方:手順

ケーブル制作に必要なもの

1.用意している3C2Vケーブルに圧着スリーブを通します

スリーブを通す

2.ケーブルのシース、外部導体、絶縁体などを切り取っていきます

切り取っていく

ケーブルの絶縁体の部分の切り残しが内部導体に残っていると、圧着不良の原因となるためしっかりと取り除いてください。

3.内部導体部分に中心コネクタを差し込み、圧着ペンチで圧着します

中心コネクタを圧着

4.コネクタ本体をケーブルにコツンという感触があるまで差し込みます

コネクタ本体を差し込み

5.圧着スリーブをコネクタ本体に突き当たるまで移動させます

※この際、はみ出している外部導体は切り取る。

圧着スリーブを移動

6.圧着スリーブを圧着ペンチで圧着します

圧着スリーブを圧着ペンチで圧着
防犯カメラ業界サポートNo.1 些細なことでもお気軽にお問い合わせください!

トップへ戻る